らーめん食べ歩き 
 らーめん漢 本八幡店@千葉県市川市・本八幡※2007年5月末日閉店

純レバも美味しい、あっさり系ラーメン店。
2005.12チャーシューメン

2006.10 漢らーめん

2006.10 小純レバ丼


アクセス

JR総武線本八幡駅南口前の道を少し行ったマックのある十字路を右折して少し歩いた右側、
市川市南八幡4-2-5市川市情報プラザ1階。
定休日 月曜日
営業時間 (平日朝定食のみ7:30〜10:30)/11:30〜15:00/17:00〜22:00(土日曜11:30〜スープ次第)


そう言えばオープン時以来、行ってなかったこちらへ、その店名を耳にする機会があり、会社帰りに寄って見る事にした。中へ入り、券売機に立つ。すると選ぶボタンが、これでもかいなウリウリ、と言う感じ。これは、悩む。悩む。悩む。悩む。寝る(おいおい)。

そんな事は勿論なく、漢らーめん+小純レバ丼のセットメニューボタンを、大量のボタンの中だけに、押し間違えそうになりながらもタッチ。あ、間違えた?と思ったら合っていた。そんな目が疲れる作業の後で、カウンタ席へ着席。「ニンニク入れていいですか?」との事で、へえっと思いながら承諾。程なく到着。

おお、ニンニクが軽く香る、あっさり醤油ラーメンの風情。ドンブリ上の、ビジュアルもなかなか。口にすると、以前の様な在り来りなイメージが払拭され、まったりと来て、ニンニクが食欲をそそり、なんとも結構いい感じ。細麺がこれに合って好感触。

純レバ丼にも手を出すと、おおおお、これも合わせて、旨い旨い旨い旨い。冷凍物を使うお店が多い中で、鳥の生の純レバを使っているそうで、引き締まった、炒めたレバーの食感がたまらなく、なおかつとても美味しい。気が付けば完食。いや、味玉の風情と後味感も良く、これは良かった旨かった。

(2006.10.26)


朝から営業を開始するラーメン店が本八幡に出来たらしい。これは、おおっである。ところがよく確認して見ると、確かに平日朝7時台から営業を開始するが、早朝の部はスープ仕込み中と言う事でラーメンの提供は無く、朝定食のみらしい。需要も無いし、冷静に考えれば納得だった。そんなこんなで、正午過ぎにこちらへ入店。

結構新店景気の所為か盛況。券売機でチャーシューメン830円を買い、ズンドウそばのカウンタ席に腰を降ろす。ダシはしっかりしている感じのズンドウ。程なく到着。

動物系をあまり感じないあっさり醤油で、醤油ダレはスタンダードな中華系でチェーンっぽさがあるものの良く言えば万人受けするもので、まずまずの自然なコクもあり後味感良く、まずまずのラーメンだった。火力は電気らしいが、最近のIHヒーター関係はガスよりも圧倒的に早く湯が沸くので、その点では問題無いが、そのコストがラーメンに跳ね返って来そうな所を感じた。なお、純レバ丼がメニューにあった。

(2005.12.03)


喜劇らーめん食べ歩きTOP