神田大勝軒 東京・神田 ※閉店





-------------------------------------------------------------



見上げれば、「青」と「白」と「墨色」の絵の具が、パレットの上で派手に飛び散った様な大空が広がる、三月弥生下旬土曜日の、風でほんのりと寒く、桜もやや凍えていた仕事の日の朝だった。

そんな今日は、御無沙汰な神田駅まで行く事を思い立ったが、行き先がどうにも絞れなかった。とにかく銀座線に乗って、神田駅に到着するまでにどうするか決めようと、とりあえず電車に乗車。

そこでまず思い浮かんだのが、この三寒四温の寒さも手伝ったのか、まずはつけめんで無く、暖かいラーメンの方を食べる事にした。

そしてそこから決めたラーメン店は、山岸マスターが微笑むフォトと、氏の素晴らしい書が必ず壁に飾ってある東池袋系の、まだ数度しか行っていなかったこちらであった。

正午を少し過ぎた頃、店頭へ到着。券売機で味玉ラーメン780円を選び、盛況な店内だったが店内待ち列も無く、すぐに空いていた席に座れた。

土曜日のランチタイムの混雑はこんなものなのか?と思ったのも束の間、後続客が続きに続いて、直ぐに店内列が六人前後となり、これはタイミングが良かった様。。。(汗)

こちらのラーメンは、オープンしたばかりの落ち着かない頃に一度食したが、その時は麺がやけに細かったのが印象的だったが、前回もりそばを食べていた時に、かなり太くなっていた事を確認していた。

しかも、麺量がもりそばと同じ位あり、そのボリュウムは百聞は一見にしかず、と言った所であった。何しろ経営は、上野と同じなのだから当然と言えば当然の量と言えた。程なく到着。

やっぱりそうで、ちょっと圧巻なラーメンが、ドドンとやって来た。こういうのが食べたいと、思ったのが目の前に置かれると、何とも言えない至福のひとときが訪れる。

それではと行かせて貰えば、いやいやいやいや、もうもうもうもう、美味い美味い美味い美味い。

もりそばと大差ない太さの麺で、在り来たりで無い感じと、中華そばらしい風情があり、更に東池袋大勝軒の永劫さえも、感じさせるその存在感は、やはり流石と言うしかなかった。

半裁ゆで卵の横に来た味玉子も、トロトロ加減が良かった。後半になってから一味を振りかけ、雰囲気を変えてまた楽しめた。気が付けば完食。いやいやいやいや、とっても良かったラーメンだった。

(左フォト)  味玉ラーメン/その拡大フォト (2009.03.28)


 神田大勝軒 かんだたいしょうけん  公式ホームページはこちら

 住所:東京都千代田区鍛冶町2-9-18神田ビル1階 定休日:日曜日

 営業時間:11:00〜21:00(土曜祭日11:00〜14:00)※スープ切れで終了

 麺量〜普通盛300g/中盛450g+60円/大600g+120g/特盛900g+240円

 アクセス:JR山手線他神田駅東口下車。改札口正面の横断歩道を渡りガード下右手沿いの道を
       進み、すぐある右路地を曲がり少し歩いた左側。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら


曇り空が続いていた天空から、久々に少しの間だけ陽射しを見た、11月前半の水曜日の朝方だった。

最近は大抵朝カフェで、今日は久し振りにマックへ入店した。銀座に一号店が出来て、地元の隣り駅近くにオープンし、自転車でマックしに行き、子供のお小遣いでは当時高額だった記憶がある。もうあれから、三十年以上、過ぎていた。閑話休題。

そんな今日は、こちらの訪問を思い立ち、雨が降り出して来た遅いランチ時、銀座線電車に一駅乗って駅から程近いこちらに入店。

券売機で特製もりそば680円に、中盛450gの60円増しボタンも連打。ちょうど満員御礼の店内だったが、一人立って帰り直ぐに座れた。程なく到着。

おお、450gの盛り具合いは、同じ系列の上野店とほぼ同じで、やはり圧巻なビジュアルだった。太さもほぼ上野店並みで、これがたまらないもの。

それではと汁に浸して行かせて貰えば、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。汁も上野と同じ感じで酸味が濃く、白濁しているものの濃さはそこそこ。もっちりした麺にうまく絡んで来て、さすが東池袋系と言えるもりそばだった。

さすがと言えば、さすがに450gとあり、前半はそのまま楽しんだが、後半は卓上の胡椒や一味唐辛子を追加投入して、その変化を楽しませて貰った。

なお中華そばの中盛と、これ以上の盛りは、デンジャラスゾーンの危険地帯なので、初めての方は避けた方が良さそう。

気が付けば完食。この太さならまた訪問したいし、塩味系がまた気になる所だった。いや、良かった。

(左フォト)  特製もりそば中盛450g(麺・汁) (2008.11.12)


某店を出た後、新橋に所用で行き、用事が済んで駅に戻り、総武線快速ホームに行こうとしたら、ダイヤが乱れている様で、山手線電車に乗る。

そこで、あ、そう言えばと、この際だからとオープンまもない、こちらへ入店する事にした。神田駅周辺で、大斗に続き、また大勝軒系の登場である。

上野大勝軒と同じ系列らしい。午後三時頃だったが、中休みが無い様で、到着すると行列は無かったものの、店内の席は殆ど埋まっていた。券売機で、中華そば680円にして着席。程なく到着。

上野と比較すると、スープは魚介があまり前に出ず、その変わりに胡椒の辛みが強く、麺は中太だが細く、もう少し太くして欲しい所だった。

シナチクが良かった。麺の量が上野並みに良く、麺の細さに違和感を感じるものの、決して悪くは無い麺で、全てたいらげてしまった。

(2005.03.31)

JR神田駅東口近くの、東池袋系大勝軒。 特製もりそば等、人気メニューが豊富。 公式サイトから、リンクしているブログあり。 2005.03 中華そば