らーめん食べ歩き 
 麺屋 鎌倉山@茨城県取手市・藤代

2006.12 今や高級住宅地の地名。
2006.12 営業開始は、午前11時半。

2006.12 鎌倉山つけめん

2006.12 昨年から、取手市役所藤代庁舎。


アクセス JR常磐線藤代駅下車。取手市役所藤代庁舎前国道6号線沿い徒歩7分、取手市藤代678-1。
定休日 月曜日
営業時間 11:30〜15:00/18:00〜23:00※スープ無くなり次第終了


夜半には強風も収まり、青空には綿菓子の様な白雲が浮かぶ、穏やかに陽射しの降り注ぐ木曜日。久々の三連休の最終日。前から気になっていた、こちらへ向かう事にした。

常磐線で利根川を越え、電車が藤代駅に到着。国道6号線に出て、右手に立派な取手市の藤代庁舎が見え、午前10時50分頃店頭に立つ。

ネットで午前11時開店とあったので、多少の不安は過ったものの、電車の乗継ぎも良く早目の到着となった。午前11時を過ぎても開店せず、「あの〜」と中の店主に聞けば、随分前から午前11時半開店にしたらしい。

すぐ近くにサイゼリアがあったので、ドリンクバー単品で30分時間を潰し、改めて店頭に立ち、本日一番客として入店だった。

中程のカウンタ席に腰掛け、唯一店名が冠のつけめんを選んでお願いする。「鎌倉山」と言うと高級ハムで有名だが、万葉集にも詠まれるが、今や高級住宅地の地名にもなっている。

実家が横浜方面だそうで、横浜の洋食料理店で、長年仕事をされていたそう。店名はそんな所から、例のローストビーフの人気にあやかって命名されたらしい。

もう開店して丸二年が経過しているそうで、初めた頃は11時ジャストに営業していたそう。ふと見ると、おおっ茹でる前の太麺がかなり白くゴワゴワしており、結構なレベルの低加水麺のビジュアル。程なく到着。

具材が別皿で来て、こだわり高そうなつけめん。麺だけ口にすると、これがやはりなかなか。釧路製麺さんの麺だそうで、つけ汁に付けて食して行けば、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

これは良い感じのオリジナル感ある魚介に、ニンニクがさりげなく利用され、酸味がかなり強いがそれに負けない旨みのオンパレード。

麺も多めに来て、300gと嬉しい盛り具合。とは言え、気が付けば麺が消えた。スープ割りも酸味がババンと来るが、素直に胃に収まるもの。

また再訪したくなる程にメニューが豊富で、「かれー風味中華そば」や、「ベーコンキャベツタンメン」なんてのもあった。 いや、旨かった。

(2006.12.28)


喜劇らーめん食べ歩きTOP