らーめん香月 本店 東京・恵比寿 ※閉店

※渋谷区恵比寿西1-10-8本間ビル1・2F時代。






冬めく冷たい雨が、上着の襟元を窄めさせる、十二月・師走中頃の雨天の日曜日だった。

そんな今日は、恵比寿で正午からラーメンに関係するイベントがあり、見るだけなら行って見るかと言う気になり、その前に朝ラで行こうと決めた。

どうするかと悩んだ末に、思いついたのが、24時間営業のラーメン店だった。そこでネット検索で、行く事にしたのが、ちょうど最寄駅が同じの、こちらの名店だった。

いわゆる旧ホームラン軒系の、その昔は貧乏軒で今はホープ軒本舗と時代と共に、名前を変えて来たホープ軒本舗から派生したラーメン店で、現在はこちらから更に派生した有名店も多い、東京背脂系ラーメンの老舗店。

店頭へ到着したのは、午前九時半過ぎだった。おや?準備中であった。24時間営業の筈が、店頭インフォを見ると、午前十時開店となっていた。

しかし腕時計を見れば、午前十時までもうすぐ。そもそも十時から開店する、本格ラーメン店も少ない。店内は準備中の真っ最中で、待つ事にした私だった。

するとまだ十分強近くある頃、店主らしき方が自動ドアを開け、どうぞと引き入れてくれたのであった。何と言う素晴らしさに、一人感動の坩堝と化した。早めに準備が整っていたとは言え、本日は寒い日で嬉しさ仕切りとなった。

カウンター席に腰を降ろし、徐に正油らーめんにキャベツ増しでオーダー。すると太麺と細麺が選べるそうで、そこはもちろん太麺でお願いした。未だ20代の頃、確か一度あたり食した、こちらのラーメンだが、味の記憶は既に、果ての果てに消えている。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、これが懐かしさが先に来た事もあり、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

一つの名声を作ったラーメンだけに、その味はそれこそ何処かで味わったラーメンだが、このもっちりした太麺に、しなやかな食感のキャベツに、味わい深い醤油スープは、何処にも無い唸るものも混在していた。

それはラーメンと言う、料理だからこそ、成し獲るものに違いなかった。ふと見ると、羽田空港内に支店が営業している、案内もあった。

気が付けば完食。いや、ズバン!と心の中で、豪速球が唸ったラーメンだった。

(左フォト) 正油キャベツらーめん/清潔な店内/キラキラしている店頭 (2008.12.14)


 らーめん香月(カヅキ) 本店

 住所:東京都渋谷区恵比寿4-9-5マンションニュー恵比寿1階  TEL03-6450-3620

 定休日:無休  営業時間:11:00〜翌6:00

 アクセス:JR山手線恵比寿駅東口下車。都道305号線恵比寿駅東口交差点そば。

大変に豊富な、追加トッピングメニュー。 「皆様に愛されて創業三十年」インフォ。



喜劇らーめん食べ歩きTOP