かぶとや! 千葉・新検見川





まもなく大暑というのに夏色の煌めきが空から失われて朝方は蒼空で若干雨粒が滴ったものの、それ以降は降り落ちることも無かった涼しさが加速していた7月下旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、やはり夜風も夜風らしく涼しいそんな午後8時近くだった。

実は昨日の流れで仕事帰り新検見川某店を訪ねれば、店頭の灯りが消されて閉店まもない感じで後片付けしている音が開いた窓から聞こえて来た。

そこから失礼ながら話し掛けさせて貰うと、以前は午後11時まで営業していたが、現在では夜8時には店を閉めているのだそう。

かなり昔のマイレポートで土日はそんな営業体制のこちらで、今回ネットの情報で最近は午後11時頃までやっているのかと来て見れば前回の時となんら変わらないそちらであった。

そんなわけでそちらを離れ、少し前に臨時休業でお預けを喰らったこちらが行き掛け営業していたので迷わずこちらへそのまま入店。たまたまなのか先客一人の空いた店内だった。

そういえば新検見川駅の周辺を歩いていると盆踊りが界隈で催されているようで、賑やかな盆踊りの歌声がスピーカーから流れておりその影響からなのかも知れない。

入り口寄りのカウンター席へ腰を下ろし、前回訪れて気になっていた餃子の有無を確認。

するとまだあるということで、それと一緒にラーメンをお願いした。餃子が切れていれば、醤油チャーシューを注文する算段だった。

程なく後続客が一人その後来られて、醤油チャーシューと一緒に餃子をオーダーしていた。

それを聞いて思わず私もそれで行くべきではなかったか?と、一人ウダウダ考えと思いに耽る店内となった今宵であった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、前回は絶妙に揚げたこちら特有の揚げネギの入るラーメンではなかっただけにその美味しさはひとしお。

喜楽であって喜楽でないこちららしいオリジナルの揚げネギラーメンながら、喜楽の遺伝子を感じることができるだけに喜楽ファンにはたまらない味わい。

もちろん喜楽が焦げている揚げネギと言う意味合いでは無い。その持ち味が喜楽とはまた違っているらめだ。チャーシューからは、八角の風味も来てまた素敵だった。

餃子もなるほどこちらの人気商品だと言うことがよく判った。それだけに気がつけば完食。いや、とてもかなり実に美味しかったラーメンと自家製餃子だった。

(左フォト) ラーメン/自家製餃子 (2012.07.21)







昨日の雨降りに東北南部までの梅雨入りが幻であったかのように、陽射し降り注ぐ青空に淡く浮かぶ下弦の月が見下ろしていた6月中旬の週明け日曜日。

今日も仕事が終わって外に出ればまた雨の気配も皆無な穏やかな午後8時近くだった。

昨秋ラーメンZ@西船橋えんとつ屋@南青山と揚げネギ台湾ラーメンを嗜み、横浜勤務の折りには更に喜楽@大森永楽@大井町だけでなく一冨士@大井町も訪れた。

そんな渋谷喜楽と同じ流れのそうした系統の中華そばを、ここのところかなり口にして来た。食べ較べると同じように揚げネギが浮くものの、意外と夫々が違う持ち味を有していることに気付かされた。

千葉市内勤務となって渋谷喜楽と同じ系統のラーメンは、さすがに無いだろうと思う方も中にはおられるかも知れないが、これが在るのだから千葉はとても素晴らしい都道府県と言えた。

そのお店が渋谷喜楽で修業経験を持つ店主が営むこちらで、そう言えばと思い出し仕事帰りに立ち寄れるのであればと言うことでまた新検見川で途中下車した。

南口の階段を降りてロータリーを左手から回り込んで、道路の下に潜り込むようにして歩道隧道を進んで行った。突き当たりを右手へ折れて行き、トンネルから出ると今度は京成線の上に出る。

その陸橋を渡りさらに数分進んでその店頭へやって来た。さっそく入店するとそこそこに盛況なこちらの店内だった。とは言え広い店内のカウンター席は、まだ半分くらいは空いていた。

左手の奥が落ち着けそうな感じだったので、そちらまで進んでからそこに腰を下ろした。

見上げると提供メニューが列記されていて、みそラーメンのつもりで来たがボリュウムが欲しかったこともあってそのメニューの横に並んで紹介されていたみそもやしラーメンをお願いした。

まもなくすると後続客があれよあれよと続いて、ほぼ満員の店内になっていた。店主の動作が目に見えて加速して行くのが判った。

近くの先客のラーメンが到着して、その中に入る煮玉子が実に良さ気に見え、思わず追加でそれをお願いした。

通常入るモヤシは湯掻いたものだが、オーダーしたみそもやしラーメンのモヤシは、北京鍋で丹念に他の野菜も投入してカラフルな色合いとなりながら炒めていた。程なく到着。

永楽でも味噌ラーメンを口にしたが、そちらには揚げネギが浮くことは無かった。しかしこちらは渋谷喜楽インスパイア系と言うこともあって、味噌ラーメンにもかなりの揚げネギが入っていた。

それではと行かせて貰えば、なるほどこれぞ渋谷喜楽インスパイア系と唸りたくなる美味しさ。中華の技が実に生きているそんな味噌ラーメンと言えた。

中太縮れの麺が良ければ、煮玉子もまた格別な美味しさ。油感もかなりとても良かった。揚げネギを作る場合かなりの技術が必要らしく、そんなことを大森喜楽の方からお聞きしたことを思わず思い出した。

チャーシューは入らないこのラーメンらしく口にし始めた時は残念に感じたが、最後のスープ一滴を飲み干す頃にはそんなことはどうでもよくなるほど素晴らしい味わいと言えた。

気がつけば完食。餃子も気になるところ。醤油でチャーシューもがっつり行きたい。いや、途轍もなく素晴らしくかなり果てなくとても良かった。

(左フォト) みそもやしラーメン+煮玉子/同拡大画像/夜の店頭外観 (2012.06.10)


 ラーメン かぶとや!

 住所:千葉県千葉市花見川区検見川町3-316-3  TEL043-273-5875

 定休日:水曜日  営業時間:11:30〜14:30/17:00〜22:00

 アクセス:JR総武線新検見川駅南口下車。階段を降りた位置から駅前ロータリー左から回り込ん
       だ奥のバス停近くにあるスロープを降りて右に進み、海側方面へしばらく歩いた右側に
       あり。徒歩およそ5分。






本日は、以前随分前に一度フラれて、それきりになっていたこちらへ、とある場所から向かって店頭に立つ。今回はいつものように、営業されていて一安心。

渋谷にある名店の喜楽で、修行経験を積まれた店主が営むラーメン店として気になっていた。

しかしその反面では関連記事などを読むと、仕様がけっこう違うようで、どんな揚げネギのラーメンなのか、確かめる怖さもあった。

それはちょうど食べ歩く様になってから、喜楽にはすぐ再訪をしなかった時と似ているのかも知れない。

そんな訳で、正午を過ぎた店内に入店。平日ランチタイムの遅い時間もあって、先客2名のガランとした店内。厨房には店主お一人だけで、カウンター席が12席並ぶかなり広い店内。

券売機は無く、頭の上にあったメニューからワンタンメン800円を選び、麺量を目の前の店主に確認すると、修行店とほぼ同じの麺1玉160gだそうで、大盛りはその1.5倍(麺240g)との事で、それを受けて大盛り100円増しにてオーダーした。

店主の作る先客の味噌ラーメンが、これまた旨そう。サービスセットメニューの立て札があり、ラーメン同時オーダーで、半ライスは50円に餃子3個は120円らしい。

20年くらい前に喜楽へ足を運んでいた事を投げて話しかけると、建て替えた後の喜楽に入り、約1年間の修行を積まれた事を教えて頂いた。

そんな平成13年開業の店主のお店で、今年で七年目のラーメン店。程なく到着。

おお、揚げネギは結構な量が浮いているラーメン。ビジュアルからして、喜楽とは比較して味わえばかなり違う。

しかしその分、香ばしい香りが湯気と共に立ち上がる。なるほどなるほどと、頷きながら顔を近づけ口にして行く。

出だしで薄いスープの色にひ弱さを感じたものの、豚骨鶏ガラのしっかりした旨みが、揚げニンニクと揚げネギのインパクトを並行させて楽しめるラーメンで、いや旨い旨い旨い旨い旨い。

麺は中太やや平ちぢれで、中加水の低シフトが渋い選択と言えた。ワンタンは昔ながらで、チャーシューは今風な、夫々の良さを造形させていた。

気が付けば完食。喜楽は揚げネギのインパクトを麺で食べさせる所があったが、こちらは揚げネギに注力して、それを昇華させたラーメンに仕上がっていた。

ただ使用する油は、比較的従来の揚げネギラーメン店と変わり映えしなかった面があり、もう少し油のブラッシュアップに期待したくもなったラーメンではあった。 いや、何れにしても、またこれも良かった。

(左フォト) ワンタンメン大盛/店頭外観 (2008.05.09)