らーめん食べ歩き 
 神代@東京都千代田区・小川町※閉店

2003.12醤油チャーシュー・ノリ増し大盛


アクセス

都営地下鉄新宿線小川町駅B7出口を出ると小川町交差点があるので、靖国通りを九段方面に進み少し歩いた左側にあった。
定休日 年中無休
営業時間 11:00〜23:00(日・祭〜22:00)


また顧客納品でこちら界隈へ。靖国通り沿いで何度か素通りしていて、結構な人が入っているお店。雰囲気的には近くのいわゆる天下一系のきなり屋の様な個人経営の匂いがしないお店である。店内に入ると、まず券売機に目を奪われる。いや凄いの一言。たぶん一番高価な券売機ではないかという、大型液晶タッチ式で、ラーメンのフォトと文字で大変判り易い仕様。

ラーメンを選ぶと、さらにいかがですかと聞いて来る商売上手な券売機。これは凄い券売機でこれを見る丈でも充分来る価値のあるお店と言える。醤油チャーシューにノリ増しの大盛1100円と、ついついボタンを押してしまった。ランチタイムもあって店内に出来ていた数人の列に並び程なく着席。店内のインフォにはこだわり高そうな、鶏ガラ主体のスープとか中細麺とある。店先には北海道とかあるが、どこかアカヌケした所が逆に怪しさを醸し出している。程なく到着。

全体的にどこか平成屋のラーメンと同じオーラを感じるし、やっぱり天下一系?と感じさせるものがある。味もどこかそんな感じだが、チャーシューが燻した工程が入った様でなかなか。麺はやはり中細ストレートで、カン水は感じないもののこだわりは少なそう。

総括的にはやはり平成屋と同じで鶏をやや自然に使った気にさせる所があり、そんなに悪くは無かった。薄味にしてる割りには味に引き締まり感が不思議とあり、こだわりが少ない割りには許せるラーメンであった。この手でこだわりを見せると個性が先に立ち、万人受けしない様になってしまう。

サラリーマンが昼飯をグループでラーメンを食べる時に、ここなら行って見るかという気にさせてくれる味を提供している。それにしても不思議な程、お客が入っている。そう言えばライスサービスもあった。ふと、先ほど貰ったばかりのチケットが目に入る。餃子無料券。なるほど、これの所為?

(2003.12.17)


喜劇らーめん食べ歩きTOP