らーめん食べ歩き 
 ニューラーメンショップいわせ@千葉県市川市・本八幡

2005.12「うまい!」の無い、「うまい!」店。
2005.12ラーメン


アクセス

JR総武線本八幡駅南口前の道をしばらく歩いた長崎屋前から発着している市川ラインバスJR市川駅行きに乗り、鶴指停留所下車したすぐ前。徒歩およそ16分、市川市大和田3-23-11。
定休日 月曜日
営業時間 7:00〜1900(日・祝〜20:00)


ちょっとした手違いがあって、久々こちらへ行く事にした。店頭に立つと店内に、朝日が燦々と降り注いでいた。そう言えば、こちらの店頭には、「うまい!」の文字が無い。

中に入り、ラーメンを注文。ペダル式の冷水機は、よくあるカウンタトップ式に変わっていた。何れにしても、セルフで冷水を注ぎ自席へ戻る。

見ると茹で卵がカウンタに置いてあり、値段の表示が無くここも無料なのだろうか?と思い、ラーメン到着時にさりげなく値段をお聞きすると50円だそうで、さりげなく店主は殻入れの器をスッと差し出したのだった。値段を聞くともう食べる事になり、これはおそるべしだった。なかなか戦略的と言える。

で、ラーメンはやはりなかなかと言える感じで良かった。戦略的と言えば、ラーメン普通盛りは500円の様だが中盛り600円からのメニュー記載になっており、精算時うっかり卵代50円を忘れて600円だと思って支払った所、50円が返って来て、ああっそうかとなったが、よく考えればどこまでもおそるべしなお店なのだった。

いや、「うまい!」と言えた、「うまい!」の無いラーメン店だった。

(2005.12.03)


朝ラで行こう。と、言う事で朝七時から開店しているこちらのお店へ、JR本八幡駅からひたすら歩き倒して向かう。
午前の柔らかで爽やかな日差しを浴びながら、道端の春の小草を眺めつつ到着。時間は午前十時を回ったばかりだった。先客が三人ほど。

メニューを見るとつけ麺があり、先客は殆どそれを食していた。ネギめんまチャーシュー(全部入り)の札が目に止まり、それを注文する。店内を見ると、「ラーメン三食入りお持ち帰り出来ます」とか、「自家製チャーシューお持ち帰り出来ます」とか、やたらお持ち帰りが出来るらしい。

他のニューラーメンショップでもそうであったが、麺箱に酒井製麺とある。あの家系大手のところとは違う様な感じもする。ところでニューラーメンショップと、ラーメンショップは別会社で、当然社長も違うし、出てくるラーメンも多少似ているところもあるが違う。程なくラーメンが到着。

湯(スープ)は背脂がよく溶け込んだ感じの白濁こってり系スープで、オスの鶏油を微量に感じる仕様。麺は太ストレートでプリプリして良い感じ。チャーシューはロース系。メンマが秀逸で旨かった。冷水が面白く、公民館にあるような縦長のペダルを踏んで水を出す方式の冷水機が置いてあり、コップで勝手に注ぐ方式。

清算を済ませる時、スープの事でも突っ込んで聞けないものかと、「白い粒は背脂ですよね」とお話ししたところ、「はい、そうです」・・・話しはすぐ終わった(そりゃそうだ)。

(2003.04.16)


喜劇らーめん食べ歩きTOP