らーめん食べ歩き  〜番外編〜
 天婦羅 いもや 須田町店@東京都千代田区・神田須田町※閉店

2003.01天ぷら定食


アクセス

JR秋葉原駅から中央通りを日本橋方面に向かい、万世橋を渡り靖国通りまで行き横断歩道を渡ってから右折して、しばらく行くと牛丼の吉野家がありそこを左折して程ない左側。徒歩8分。
定休日 土・日曜日
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜20:00


 ※神保町本店 営業中(千代田区神田神保町2-16) 営業時間/11:00〜20:00 定休日/日曜・祝日

ラーメンだけを紹介してもつまらない。ましてや、会社の先輩に教えて貰った天ぷら定食がとっても旨すぎた場合は、もうウェブ紹介モードに完全に染まっていた。

名前だけは知っていて場所が判らないなんてよくある事だが、先輩が今日たまたま、「そう言えばいもやの天ぷら食べてないなぁ、おっ、一緒に食いに行くか?」と来たので、思わず、「行きます」と返した。

そんなに遠くないところにこちらのお店はあった。知っていると言っても美味しい天ぷらが食べられるお店程度だったりする。運良くそんなに並ばずに入店できた。

その美味しい天ぷら定食が600円でたっぷり食べられ、ご飯はガス釜の炊きたてで、しじみの味噌汁や白菜だけの漬物も旨く、行列の絶えない有名店だそうで、帰ってウェブで調べてみるとテレビ東京の「アド街ック天国」でも紹介されて最高級の油で揚げているそうである。ちなみに神保町にも同じ系列のお店があるらしい。

何しろ先輩がよく通っているお店なので先輩に注文をお任せして、天ぷら定食に漬物と、「追加オーダーをひとつ頼んだら?」との事だったのでシイタケをお願いした。

しばらくして注文したものが到着。それは旨い天ぷら定食であった。キス、海老、イカ、春菊、ノリに追加のシイタケの天ぷらは、どれも見た目はやや固そうだが口へ運ぶと、ころもがフワッとして中の素材と共に喉に消えていく感じで素材にも妥協していないのがすぐ判る。イカなどとても柔らかくとにかく旨い。

ころもが凄い旨い。ガス釜で炊いたばかりのご飯は大盛りでも同じ料金で旨いし、天つゆもなんとも言えない旨さ。しじみの味噌汁も白菜の漬物も本当に旨い。たまに1,500円ぐらいで食べる天ぷら定食より全然旨い。

これで600円(追加天ぷらと漬物で800円)で本当にいいの?と店主に聞きたくなる感じである。

(2003.01.30)


喜劇らーめん食べ歩きTOP