らーめん食べ歩き 
 中華料理 生駒軒@東京都千代田区・神田和泉町

2002.12 ちゃあしゅうわんたんめん
2004.01 天津丼


アクセス


JR山手線・秋葉原駅から昭和通り側に出て高速道路下の横断歩道を渡り、上野方面にしばらく歩き 、あさひ銀行の路地を右折してドトール手前を左折した程無い右側。徒歩およそ4分。
千代田区神田和泉町1-2-30。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら
定休日 不明
営業時間 11:00〜21:00


〜番外編〜

久々こちらを訪れ、御飯物を食べようとメニューを見る。見る。お店の方が来ても、見る。沢山あり、どれにするか悩む程にある。かつ丼親子丼関係、唐揚げ類に、フライにカレーに、めん類もちゃんぽんに焼きそばと盛り沢山。結局、天津丼850円をお願いした。程なく到着。

スープも付いて、あんかけがたっぷりかかり、湯気が立ちのぼり美味しそう。スプーンがついており、それで食べ始める。卵がフワフワでなかなか良く出来た天津丼だった。タクワンもついているが、850円は高いなと食べ始める前は思ったが、納得行く内容であった。

近辺のサラリーマンの方が入れ替わり立ち代わり入って来て、周辺に愛される大衆中華料理店であった。お店を出ると、厨房入り口が開いていて元気で威勢の良い掛け声で挨拶があり気持ち良くそこを離れた。

(2004.01.20)

サイトを訪問して頂いた方よりEメールを貰い、読むと秋葉原周辺昭和通り沿いのお店が10店舗近く、具体的な位置と共に列記されて「一度チャレンジされたらどうでしょう」とあり、気が付かなかったお店もあった。この場を借りて心よりお礼申し上げます。

と、いうわけでこちらのお店に入店。○○軒という名前がそそったからであった。周辺オフィス向け大衆中華料理店と云った感じのお店でメニューも豊富にあった。さほど広さは無く、こじんまりとした店内であった。

ちゃあしゅうわんたんめんを注文して程なくラーメンが到着する。湯(スープ)は鶏がら系中華スープといった仕様で、ほのかにジャスミン茶の様な中国系食材の香りがするが後でお店の方にお聞きすると中国茶は入っていないそうだ。麺はカン水を感じない分、柔らかい仕様だが、そこそこのコシがあり悪くない。

ちゃあしゅうがなかなかで大判。厚みがありロース系で柔らかく美味しかった。岡持ちが外に置いてあり、周辺地域に出前している愛される大衆中華料理店と言った感じのお店であった。

(2002.12.28)


喜劇らーめん食べ歩きTOP