いけ麺 東京・神田 ※閉店



少し前までは、夏と言えば夕立ちが降っていたが、最近は夕立ちならぬ日暮れてからの雨に、宵立ちになってしまっているらしい。

なるほど昨夜も、またカミナリが自宅周辺で鳴り響き、厚い雲に映るその光りで、不気味に空が時折り一瞬だけ明るくなり、そして雨が降り出していた。そんな今日も曇り空の秋葉原界隈で、八月も中旬が過ぎようとしている、木曜日のランチ時だった。

一昨日こちらに訪問した際、何故か麺の画像だけがピンぼけとなってしまい、それもあってまたこちらへ行く事にした。入店するとすぐ気が付いて頂き、お互いが平に御挨拶。券売機でしょうゆ味のチャーシューつけ麺普通盛を選び、また奥のカウンター席に腰掛けた。

前回は辛みそつけ麺だったが、そう言えば山形も縁がある事をお聞きしていたが、それを忘れて再度本日確認すると、3年間ほど県内のラーメン店で修行された御経験があるそう。程なく到着。

やはり麺の良さが全体の格を上げており、醤油のつけ汁は、新鮮さに利用の仕方が良い所為か、入っている生姜の辛みが際立つ、そんな生姜醤油風味だった。

よくカツオのたたきに用いられる香味野菜だが、好きでしこたま付けて食しており、そんな事もあり、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い、いや美味い。

チャーシューは、仕込みの鍋が今日も厨房の中にあり、自家製の様だが炙ってはいなかった。しかしつけ汁に浸して暖め、サービス小ライスにのせて美味しく頂いた。生姜の風情がやはり強く、そんなインパクトが常に前に来ていた。

気が付けば麺が消え、スープ割りも風情が良かった。いや、今日も、旨かった。

(左フォト) (生姜醤油味)チャーシューつけ麺(汁・麺) (2008.08.21)


ここ数日は、涼しい東京だったが本日ランチ時に外出すると、また暑い夏が帰って来た八月後半の火曜日だった。冬から春の場合は三寒四温の表現で良かろうが、夏から秋は三涼四暑と言いたくなる、そんなお盆明けの秋葉原界隈と言えた。

以前曳舟にある、ヒロシですと言うお店へ行った事があったが、流行り言葉を店名にしてしまうお店を、たまに目にする事がある。ちょっと前に「ラーメンつけ麺、ぼくイケメン!」と言うのがあったが、自分に照らせば「ラーメンつけ麺、ぼくイケズ」だったりする訳だが(よく自分を見ている)、ずばりイケメンと呼ぶお店が、最近JR神田駅周辺にオープンしたらしい。





狩野英孝さんみたいなお兄さんが、「いらっしゃいませ〜スタッフぅ〜」とか言って出迎えてくれるのか?(おいおい)

そんな訳で、また東京メトロ銀座線電車に飛び乗り、オープンしてまもない、こちらの店頭に立った。店頭の真新しい看板には、How about delicious noodles? いけ麺 とあり、英語を訳せば、ウマイラーメン、ドーデスカ?(外人にならない)

店内に入ると右手に券売機があり、辛みそつけ麺800円と言うのがあったので、何気なくそれと言う気分になり、中盛ボタン100円も連打して、奥の落ち着けそうなカウンター席に腰を降ろした。

辛みそのニンニクありなしの確認があり、仕事の途中もありそこはニンニクなしでお願いした。

先客数名に後続客も数名の、オープンしたばかりでまだ周辺のサラリーマンの方には、それ程認知されていない、ランチタイムの割りにはやや空いた店内。程なく到着。

ランチタイムには小ライスのサービスがあるそうで、もちろんお願いして同時にそれも来た。

まず麺だけ数口すすって見る。おお〜、これはどえらく良い、中太やや細ちぢれ麺。汁につけて行けば、いやいや、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

いかにも内麦らしい風情の良い風合いで、ついお店の方に西山製麺っぽかったのでそれか確認するとハズレだったが、そこから店主と世間話しが弾みに弾みんで、色々とお聞き出来て大変に良かった。

50代強と言う感じの店主は、福島・会津のご出身だそうで、そんな事から坂内食堂等が利用する製麺所の麺で望んでいるそうで、良く見れば店頭祝花に曽我製麺とあり、そこの手もみ麺だった。

1玉約180gだそうで、中盛は1.5玉とあったので約270gの麺量と言う事になり、中太ちぢれなのでちょうど良いボリュウム。

辛みそのつけ汁は、新横浜ラーメン博物館にも出店している龍上海の辛みそラーメンをイメージしたものだそうで、そちらは未食だが汁も大変美味しいもので良かった。

12年前に北千住駅周辺の墨堤通り教習所斜向かいで、「大嬉」と言う店名で営業していた方だそうで、その後栃木県内に移転して営業されていたそう。

当時は本格豚骨ラーメンで営業していたが、現在は体力も落ちて今の厨房では狭く火力も足りないので、往年のラーメンは提供出来ないらしい。

気が付けば完食。店名は奥様が考えられたらしく、店主は気はずかしさが先に立っておられた。いやいやいや、麺・汁ともに、ズバッ!と、良かった。

(左フォト) 辛みそつけ麺(汁・麺)/店頭外観 (2008.08.19)


 How about delicious noodles? いけ麺

 住所:東京都千代田区神田紺屋町5-5矢野ビル1F 定休日:日曜日・祝日

 営業時間:平日11:30頃〜20:00頃/土曜11:30頃〜15:00 ※しばらくの間の暫定営業時間

 アクセス:JR山手線他神田駅東口下車。中央通りを日本橋方面に進み、二つ目左路地の
       啓文堂書店奥を左折して、二つ目の十字路を右折し、少し歩いた左側。
       元・今川中学校そば。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら

ラーメン650円、ランチ小ライスサービス有。 美味しいラーメンはいかがですか、と誘う。



喜劇らーめん食べ歩きTOP