らーめん食べ歩き 
 胃一番@千葉県市川市・大和田 ※閉店

昨年10月にオープンした、胃に優しいお店。
2007.02 鬼チャーシュー麺


アクセス

JR総武線本八幡駅南口前の道をしばらく歩いた長崎屋前から発着している市川ラインバスJR市川駅行きに乗り、鶴指停留所下車したすぐ前。徒歩およそ16分、市川市大和田3-23-10。
定休日 無休
営業時間 11:30〜14:30/18:00〜1:00


ここのところ本八幡駅周辺は、残念にも相次ぐラーメン店の閉店に見舞われたが、そんな中しばらく前に閉店した黒豚軟骨らうめん〇超の後に、居抜きでこちらがオープンしたとして気になっていた。そんな訳で、本日の夜行って見る事にした。昨年10月にオープンした様。

店頭に立つと、インパクトある店名の「胃一番」の大きい文字。先客1の中に入り、中程のカウンタ席に腰掛ける。すると、鬼チャーシュー麺なる名前の、これまたインパクトあるメニュー名。フォトがあり、旨そうな大きなチャーシューが横たわっている。もはや今日は、これしかなかった。

醤油味と塩味の二つがある様で、厨房におられた店主らしき比較的お若い方に、どちらがお奨めかお聞きすると、チャーシューはカエシと同じ醤油を使っているそうで一体感があるらしい。

それではと醤油味でお願いする。おお、店内のインフォは、殆どが手書きで、大変にフレンドリー。定休日のインフォが無かったので、お聞きすると現在無休で頑張っているらしい。程なく到着。

おお、これは旨そう。ひとたび口にして行けば、丁寧な作りこみの、じんわりと来るスープで、旨い旨い旨い旨い。そのスープは、ラーメンと言うよりは、比較的油の量が少ない分、お雑煮的な要素が強い感じ。麺は中細ストレートの加水やや低めで、しっとり感の高いもの。

加水が低い分、スープに馴染み易くいい感じ。小岩の岩野製麺さんだそうで、近くにある某店と同じであり、○超さんも同じ麺だった様で、そちらの麺の配合にかなり近い気がした。 

で、チャーシューがこれはいい。旨い。しっかりと炙ってあり、程よく柔らかい。二種の青菜もラーメンを引き立てており、気がつけば完食。野菜を大量に使っているそうで、胃に優しい所からこの店名にした様。いや、良かった。

(2007.02.01)


喜劇らーめん食べ歩きTOP