らーめん威風 東京・秋葉原





不安定そうな雲が多く浮遊するものの青空が強い陽射しを街角に注がせていた、九州南部が既に梅雨明けしているだけにそれが待ち遠しい夏色煌めく七月文月後半の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、時折り一瞬空が光って雷鳴さえ遠くから聴こえて、ざんざん降りの雨が足元をぬかるませていた。どうやら中国地方と四国地方も、梅雨明けを迎えたようだ。

急に降り出して来たのか地下鉄から出て来た人々が、不用意な雨に傘をささずに小走りに横を通り過ぎて行く姿を数人見掛けた。

そんな梅雨明け間近の夏の夜らしい、雨雲の上の雷鳴が遥かな空を焦がすように鈍く光らせていた午後七時過ぎだった。

秋葉原勤務ならばこちらにも久しぶり訪れて見るかとなるもので、ふと今夜こそとなって傘から漏れる水滴に注意しながらその店頭へやって来た。

さっそく入店して、程ない券売機の前に立った。駅からそう遠くない周辺だけに、傍には多くの人々が通り過ぎていた。

こちらがまだ天下一だった頃確か数度入店したもので、その後この店名になり今でこそ姉妹店と判っているが当時は不確かな中でラーメンを愉しんだものだ。天下一と同じゼンショーグループのこちらだ。

そんな想いにふと今夜は、それなら天下一の味わいに近い味噌で行くかとなった。そこに最近ご無沙汰だったチャーシュー丼もこの際だからと、890円の味噌らーめん+チャーシュー丼セットのボタンを選んだ。

振り返ると入口周辺の一番奥のカウンター席に促される。そこに腰掛けながらチケットを手渡した。すると大盛が無料サービスとのことで、ここ最近自重気味だったが今夜はいつものようにそれをお願いすることにした。

らーめん得々祭が期間延長らしく、その一環によるものらしい。公式サイトによれば味玉無料券も貰えるようになっていたが、味玉だけにたまたま券が切れてしまったところだろうか。

後続客が続いて、俄かに活気づく店内。数分の内に4〜5人が入店して来て、こちらも長年に渡って続く周辺の人気店のオーラを感じることが出来た。

実はボタンを押す際に、期間限定復活メニューらしい旨辛ピリ辛肉つけ麺が気になったが、降り注ぐ雨に気温が落ちて味噌気分となった次第だった。

プリプリの食感を存分に楽しめる究極の一杯らしい、フカヒレらーめんが数量限定の税別1186円で案内されてある意味気になるものがあった。

また夏季限定メニューだろうか、半日分の野菜が摂れる冷やし中華と謳い文句が成されていた二つの冷やし中華もあった。

ピリ辛胡麻だれでもりもり豚しゃぶと付記されたピリ辛豚しゃぶ冷やし中華と、胡麻だれ&和風だしさっぱりコク旨!と形容された胡麻だれ野菜冷やし中華なる提供メニューがそれだった。

程なく到着。それではと行かせて貰えば、そこは天下一の味噌らしさに近い味わいが十二分に現れる愛らしい美味しさが実に素敵な味わい。

後半になってから、手元にあった調味料卓に載っていた揚げたスライスガーリックをそこそこ投入。さらに一味とラー油もそれぞれ適量入れてそんな味変をしてさらに食べ進めた。

こちらのこのしつこくない味噌味は、おそらく多くのファンが提供する店舗の周辺に居るはずだろう。

チャーシュー丼もカリカリでありつつ甘辛のタレが染みた豚肉がやはり素敵で、気がつけば完食。いや、かなりとてもなかなか実に良かった。

(左フォト) 夜の店頭/味噌らーめん/セットチャーシュー丼 (2014.07.20)


 らーめん威風 (いふう) 秋葉原店

 住所:東京都千代田区神田佐久間町1-20  TEL03-3253-6751  ※企業公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:平日10:00〜翌4:00◆土日祝11:00〜翌4:00

 アクセス:JR山手線他秋葉原駅昭和通り口下車。昭和通りを右に進み、書泉堂ブックタワーを
       右折して程ない右側にあり。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら



店頭入口辺り。

券売機周り。

カウンター席の調味料卓。








生まれた頃の自宅は、京成電車の鬼越駅から歩いて八分程度の場所にあった。昭和四十年の初頭の頃で、父親が親戚から借りて住んでいた、平屋の古い一軒家だった。

当時はまだ、ボンネットバスが走っていた時代で、その通りからつづら折りの狭い私道の一番奥にその家はあり、今でも思い出される一つに、その私道を出たバス通り沿いにあったのは、一軒の大衆中華料理店だった。

いつも見ていたそんな外食店だったが、6歳になって引っ越した事もあって、そこで何かを食した経験は一度も無かった。閑話休題。


やや雲が出て、曇りがちな木曜日。そんな今日は、こちらもまた気になる所となり、早いランチ時出掛ける事にした。

券売機でこがし醤油らーめん600円とチャーシュー丼200円を選び、一番奥の空いた席に腰掛け券をお店の方に手渡した。

ふと見れば利用する食材の、産地表示をしたボードが目の前の壁にあり、素晴らしい対応と言えた施策だった。味噌以外のラーメンの最低料金は600円で、ライスが無料サービスで、大変お得感が高い。

以前ここが大衆中華店だった頃から、何度となく来たお店。程なくオーダー品が到着。

それではと行かせて貰えば、もう旨い旨い旨い旨い。以前もこのこがし醤油ラーメンを食したが、やはりいい感じのスープ感で、麺は中細ちぢれでそのスープがよく絡んでいた。

甘い背脂がまた良い風情を出していて、チャーシューも自家製風な感じがまた良かった。

ラーメンにチャーシュー丼も、青ネギと白ネギをたっぷりと使っていてその分満足度も高かった。

気が付けば完食。味噌らーめんも、美味そうだった。後続が続きに続いて活況な店内で、大変人気の高いラーメン店なこちら。いや、良かった。

(左フォト) こがし醤油/チャーシュー丼/産地表示ボード/店舗外観 (2008.10.23)


早朝に雨が降っていたようだ。少し冷えて湿気があり、遅咲きの桜の花びらと、若葉の芽を濡らしていたそんな木曜日の朝。ランチで外に出ると晴れていた。

久々、こちらへ入店。自掲示板で教えて頂いた、こがし醤油でチャーシュー付きを券売機で買い、丁度空いた席へ着席。ライスをつけるか否か聞いて来たのでお願いすることにした。程なく到着。

湯(スープ)は正に焦げた醤油色というビジュアル。背脂の甘みが先に来る感じで、刻んだネギが入って面白い。総括的には黒船@御徒町を思い出す感じがあり、なかなか油感の良い、威風のラーメンであった。

(2004.04.08)

こちらのお店にもまた行ってみるかと入店。何気なく見ると、こちらお得意の秘伝と前振りがつく、味噌つけ麺があったので辛味餃子と共に券を買いカウンタ席に着席。程なく到着。

サービスで半ライスが付き、カウンタに黒ごまのフリカケがあり嬉しい。麺は太い平打ち仕様で面白い食感になっている。味噌よりゴマのペーストを溶かしたものが前に出て来る感じ。酸味に頼らずスープ割りにしても美味しく飲めたのが良かった。

辛味餃子も辛味に熱を加えた時に出来る旨みが餡に閉じ込められ旨かった。小さいが五個ついて200円ならラーメンのお供にピッタリで良かった。

(2003.05.19)

下の記述で「きなり屋」と「威風」は共通点が多いとあるが、昨日のウェブ徘徊で同じ「天下一系」らしい。ラーメン餃子専科チェーンの天下一と関係あるか定かでは無いが、威風の場所は以前ラーメン餃子専科天下一がここにもあったところで、その関係といったところなのであろう。

さて今日は醤油チャーシューにノリ多めを注文する。今日も大変混んでいた。特に今日は子供連れの方が多く見受けられた。やはり味が若干進化して美味しくなったと思う。余談だが最近ラーメンの撮り方が慣れて来たような気がする。

(2002.09.16)

塩を食べたが気のせいか進化した感じがする。塩味がややマイルドになり、その分隠れていたダシがコンニチワと挨拶してきた感じだ。

チャーシューもフチ部分のこげがややカリカリになって旨みが増している。来店客の数も増加しており初めて満員で多少列に並んで待たされた。なかなか美味しかった。

(2002.08.23)

今風の和風建築物、木の板にややなぐり書きっぽい墨の文字で「秘伝の麺・タレ こだわりのスープ らーめん道ここに極まる」入り口横にそれがある。

その店の場所には以前、天下一ラーメンがあり、その関係者が経営しているのかは未だに定かではない。塩ラーメンの湯(スープ)は、中々奥行きのあるお店。麺もなかなか本格的で美味しい。

味玉はお約束の半熟だし、肉厚あっさり煮込みのチャーシューはファンを作りそう。店の看板にスープの材料が記してある。

丸鳥スープ・八丁味噌・たまり醤油とある。食券を券売機で購入する方式で、冷水はコップを持って来てくれ、冷水ボトルから勝手につぐ方式。水も美味しい。

(2002.07.14)