らーめん食べ歩き 
 らーめん風凜@千葉県市川市・大洲

ライトな家系らーめんのお店。
2005.08きゃべつラーメン750円

2006.02ノリらーめん

2006.02文字盤だけで、枠の無い時計


アクセス

JR総武線市川駅南口〜本八幡駅南口(長崎屋前)間の市川ラインバスに乗り、大洲防災公園前停留所下車。公園から大洲中学校寄り、市川市大洲4-8-11。
定休日 火曜日
営業時間 11:00〜14:00/18:00〜21:00


オープンしたばかりの時に、一度訪問しただけだったので、また食べて見たくなった。そんな訳で、某店で出て大洲防災公園の前を進み程近い、こちらへ入店。

付近の同じラーメン店と違って、喫茶店かフランス料理店の様な風情の外観。メニューから、ノリらーめん650円をお願いする。ふと壁を見ると、文字盤だけの古い時計があり、まるで悠久の時を刻む様に、しっかりと動いていた。程なく到着。

初めて食べた時と、そう変わらないイメージで、ライトな家系らーめんと言ったところ。太麺が合っていて、なかなかのコシが良かった。チャーシューもこれは良い感じ。いや、良かった。

(2006.02.05)


蝉時雨、ああ蝉時雨である。今日も暑い一日で、真夏の陽射しが容赦無い休日の土曜日。最近、大洲の産業道路沿いに、家系のラーメンを提供する新店が出来たらしい。麺も酒井製麺と知り、今日の夜は、近辺で花火大会がある様だが、陽が高い時間に行く事にした。

停留所を降りると、防災設備が整った広い立派な公園。公園広場には、何やら青いシートが張られ、夜の花火大会の格好の見物場所らしい。その公園近くに、こちらはあった。

店内に入ると新店景気で流行っていて、カウンタ席奥に腰掛ける。テーブルには白いタイルが貼られていた。メニューに、きゃべつラーメン750円と言うのを見つけてそれをお願いする。肉体労働者風のグループ客がおられたが、禁煙の案内に驚いていた。出来れば驚かないで欲しいと思う。程なく到着。

肉厚の海苔でそれが三枚乗り、それをどけると多めの湯通しされた、ザク切りキャベツが青く瑞々しい感じで美味しそう。スープを口にすると、まさすく家系の感じで、麺は太ストレートで共にこれはなかなか。何処と無く鶏油が少なめで、家系を意識した変な濃さが無く、そこが良い感じ。

横浜の「とんぱた亭」と言う所で修行された様で、師匠は「六角家」等におられた事があるらしく、まさしく流れを汲んだお店であった。チャーシューもまずまずで、何しろ茹でられたキャベツのシフトが良かった。

青菜としてチンゲン菜が入り、食感共に良かった。美味しいラーメンを作ろうと言う、雰囲気が感じられた期待の新店であった。ちょー家系インスパイアって感じ?

(2005.08.06)


喜劇らーめん食べ歩きTOP