らーめん食べ歩き 
 風来房@千葉県市川市・行徳※移転→らーめん松信

2005.06行徳バイパス、「竹岡式」が目印。
2005.06軽トラ荷台の厨房屋台。

2005.06竹岡式コクしょうゆチャーシュー

2005.06台場式コクしょうゆ


アクセス 東京メトロ東西線行徳駅改札を出たら前方にあるバス通りを左に歩き、行徳バイパス(県道)を左折する。しばらく歩いた左側。徒歩およそ7分、市川市湊新田1-9-15。
営業時間 金・土・月曜日12:00〜15:00/16:00〜21:00(日曜祝日12:00〜21:00)


竹岡式と言えば、一度訪問した事もある富津市の「梅乃家」に端を発する千葉の地ラーメンで、最近では都内でも店名そのままに、提供するお店が出没している様。そう言えば行徳に、やはり竹岡式のお店があったなと、行く事にした。場所は行徳バイパス沿いで、先日訪問したぽっぽっ屋行徳店をさらに浦安方面に少し歩いた所にあった。

変則的な営業の様で、その際に行って見たものの閉まっていたりした。そんな訳で営業日と時間を確認して、今日の今ならやっている筈と、本八幡長崎屋前からバスで行徳へ出る。近付くと、いい匂いが鼻につき、やってるやってる。屋台の様な感じのバラックの中に軽トラがあり、その荷台に厨房器具を載せて営業していた。

店名は「風来坊」と、「房総」を掛け合わせた「風来房」。お台場とここを行き来する、まさしく「風来坊」だが、最近はお台場の営業が場所的に厳しいそうで、もっぱらこの場所での営業だけらしい。店主とご挨拶して世間話しの後、竹岡式コクしょうゆチャーシュー600円をお願いする。程なく到着。

600円と言う金額から考えれば、なかなかのラーメンで、やはり乾麺でどちらかと言えば梅乃家とはまた違う印象の麺であった。チャーシューは100円増しで出て来るべきものでなく、極めて美味しい。醤油ダレも極めて独特で、クセになる人は多そうなスープ。せっかく来たんだしと、台場式コクしょうゆ500円もお願いする。

なるほど、デフォルトで随分とチャーシューが入ってるのね、だった。先程のラーメンとほぼ同じビジュアルだが、かん水がフワリと来て、ダシスープが多めの分好きになれた感じだった。しかし麺にこだわりがもう少し欲しい所だったが、価格設定からすれば「これでいいんだ」と言う感じ。何れにしてもハマる人はずっぽりハマりそうな、良い意味で面白いラーメンであった。

(2005.06.11)


喜劇らーめん食べ歩きTOP