らーめん食べ歩き 
 函館ラーメン船見坂@東京都中央区・銀座

2003.11塩そば+チャーシュー・味玉
2005.12函館ドッグ近くの坂の名前が店名。

2005.12チャーシュー丼

2005.12塩つけそば


アクセス

地下鉄都営浅草線東銀座駅下車。A7出口を出たら昭和通りを上野方向へ歩き、二つ目の右路地を入り程無い左側、中央区銀座2-12-11。
定休日 無休
営業時間 11:00〜4:00(土日11:00〜21:00)


東銀座界隈に営業と言う事で、こちらへ久々に行く事にした。先日前を通った時は結構な列があったが、たまたまなのか今日は店内に数人の待ち客だけ。そんな訳でそう待たずに、券売機で塩つけそば700円にチャーシュー丼300円を選び、テーブル席に案内を受け着席。

程なくチャーシュー丼が到着。おお、これはなんちゅう旨さ。とろとろで大振りなチャーシューが嬉しいサイズで程良く入り、絶妙な味加減で旨い旨い旨い。そしてつけそばも到着。

いや、これも良い。魚介の効いた塩つけ汁に、麺も細ストレートのもの。気が付けば完食。いや、良かった。それにしても、チャーシュー丼がズバ抜けて良かった。

(2005.12.20)


某所に立ち寄った後で、程近いこちらのお店に向かう。幾つものラーメン店がひしめき合う、付近一帯はまさしくラーメン銀座の様相。その中で一風堂と共に列が出来ていたこちらへ到着。

平日でもビジネス街の正午近くとあって、六〜七人の行列が出来ていた。しばらく並び立ち入店。券売機で塩そばにチャーシューと味玉の券を買い足し、席が空くのを待って着席。見ると、とても若い女性が麺担当の様で、湯切りもなかなかのもの。

奥に男性がいてスープ関係担当の様。最後に二人で三〜四杯ずつ作るラーメンに具を乗せている。程なく到着。

湯(スープ)に顔を近づけると、何とも言えないかぐわしさがある。濁り無い澄み切ったスープで、大変旨みがありやはりこだわり抜いた嗜好感の高いもの。強塩感も無く程よい塩加減。油の浮かない直球ストレート。

雑味をことごとく排除した上品極まる味である。中細ストレートの麺がスープにぴったりではあるが、こうスープがいいと、より上を望んでしまうところ。チャーシューもいい脂を使っており醤油がよく馴染んでいるのに甘いトロトロ感高いもの。味玉も絶妙な半熟加減。

高校を卒業する少し前に真冬の北海道へ行き、北海道を離れる直前、函館の街を路面電車を使って観光したが、漁港に出ると大漁旗をなびかせた華やかなイカ釣り漁船が沢山停泊していた。小さい波に揺られ、照明具の所為でカチャカチャと音がしている。

そうした情景が浮かぶ雰囲気を店内で感じる事が出来たこれが正統派函館塩かと理解出来たラーメンであった。サービスで付いた半ライスも旨い飯だった。でも、本来ある自然のアク味が全然無いのも少し寂しい気にさせるラーメンでもあった。函館に思いを寄せるが、ここは銀座、日本人憧れの街。

(2003.11.27)


喜劇らーめん食べ歩きTOP