k  
 船橋更科@千葉県船橋市・船橋

2007.07 小せいろ四種そばの「バジルせいろ」
2007.07 小せいろ四種そばの「更科せいろ」

2007.07 小せいろ四種そば「田舎せいろ」

2007.07 小せいろ四種そば「もりせいろ」


アクセス

JR総武線船橋駅南口下車。左寄りの道をひたすら直進。千葉街道を越えて、しばらく歩いた左側。徒歩およそ10分、船橋市湊町1-2-21。
定休日 月曜日
営業時間 11:30〜14:30(土日祭日〜15:00)/17:00〜20:30


ビタミンB群も豊富で、健康にも良いと言う事で、船橋にまた所用がある本日、ネットでこちらが人気なのを見つけ、出掛ける事にした。更科系の由緒正しい蕎麦店らしい。

場所は船橋市役所の千葉街道沿いに程近い所にあり、正午過ぎに暖簾を潜る。比較的広く明るい店内で、奥に座敷席があり、フスマで仕切られていたが、それでも広く感じる。

空いていたテーブル席に腰掛け、メニューもそこそこに見て、気になっていたせいろが四種類出て来るらしい、小せいろ四種そばをお願いする。程なく一つ目の可愛い蒸籠に入った蕎麦がやって来た。

まず来たのは、何と香草のバジルが練り込まれている変わり蕎麦。ツユはやや辛めに感じるシフトのもので、薬味には、刻みネギに大根おろし。これにワサビが小皿にのって来たが、蕎麦をしっかりと味わって欲しいからなのか、どれもやや少なめ。コシも程よく、なるほど美味しい。

次に来たのが更科の蒸籠で、その白さが思わずうっとりするもので、こちらも良い感じ。次が太麺の田舎蕎麦で、やや雑穀の味が前に来るものだが、それがまたいい。

最後がもりの蒸籠で、これは比較的スタンダードなシフトの食感だが、前の三つがワイルドなシフトの分、ほっと出来る味わいとなった。そば湯もタイミングよく来て、気が付けば完食。いや、良かった。

(2007.07.11)


喜劇らーめん食べ歩きTOP