北海道らーめんひむろ 千葉・松戸

最近無休になったらしい、松戸煮干し系らーめん店目当てで本日訪問したが、任せる方が出来た様でなんと店主が不在。それで結構待ちそうだったので結局スルーをする事にした。その後何処に行くかとなり、某茨城卒業系はとてつもない行列店で嫁さんもいて何だしと敬遠。人気二店に立てば日曜日もあり、どちらも一時間以上待ちそうなので更にスルー。ふと思いついたのがこちらで、こちらが臨休だったら路頭に迷う所であった、そんなランチタイム時。



店頭の看板には「味源池袋姉妹店」とある味源系らーめん店。店頭に立つと香ばしいニンニクが香って来た。味源のラーメンは、若い頃から口にしており、私にとってはやはりソウルフードと言った感じだろうか。ブランド系ラーメンばかり追う方は、まず入店しないラーメン店と言ってよさそう。

駅西口そばにあるお店で、隣りには古くから営業する行列鯛焼き店「きくや」があり、こちらも負けずに外列が出来ており、人気を二分する風情があった。

そんな訳でしばし待った後で入店し、嫁さんは札幌味噌ラーメン750円を選び、私は辛いのが食したかったので味噌オロチョン(ピリ辛)850円にした。程なく到着。

とてつもなく良い訳では無いが、どこかしみじみと来る味わいがあり、北京鍋をズリズリとやっているお店と違って、やはり旨くしかもアツアツなラーメン。

モヤシの風情も良く、関東トンコツもこういうスタイルになると豹変する変化があり、やはりチェーン系でも好きなラーメンと言えた。

気が付けば完食。精算後、隣りの鯛焼き店で再度行列に並んでお買い上げ。いや、良かった。


(左フォト) 味噌オロチョン(ピリ辛)/札幌味噌ラーメン (2008.03.09)


 北海道らーめんひむろ@松戸

 住所:千葉県松戸市本町1-13 定休日:年中無休 営業時間:11:00〜翌4:00(日曜祝日〜翌2:00)

 アクセス:JR常磐線松戸駅西口下車。西口ロータリー手前左手路地を入りすぐ右手。

隣りの鯛焼き店と人気を二分するお店。 2006.02 旭川醤油らーめん

  

一度店頭に立って、臨時休業だったり、混雑してやめたり、様々な事情で入店しなかったお店が、沢山あったりするが、こちらもその一店舗で、本日入って見る事にした。そんな味源系のお店。平日午後一時過ぎとあって、ピークは過ぎた感じの店内。奥のカウンタ席に座り、どこかで食べた旭川醤油らーめん650円をお願いする。お店の方の景気付けの掛け声が飛び交う。メニューにはやはり、「でっかいどう」の文字が躍るのだった。程なく到着。

豚骨醤油と呼ぶには醤油の色が薄く、あっさり醤油と呼ぶには白濁が強いスープ。しかしこの油感はやはり良く、以前は喉越しを気にしてしまったが、中太ちぢれでコシがめちゃ強い、軽く透明掛かった麺が、若いころ何度となく出会っていて、そうした懐かしさが前に来るラーメンだった。化調を強く感じず、シナチクも好きになれた。とは言え、ラヲタ魂がこれに魚粉を入れたらどんな感じ?とか、そんな感じだったりする、程々さが良いラーメンだった。チャーシューも良かった。

(2006.02.22)


喜劇らーめん食べ歩きTOP