ハッスルラーメンホンマ 東京・錦糸町





一昨日の話しだが、部長からお電話があり、代休を平日に取っていいから、日曜日に展示会の手伝いをして欲しいとの事だった。

もちろんやぶさかでない事だが、土日曜日が休日となってから、行けるラーメン店が限られる中で平日が休めるのは、願ってもないお話しでもあった。

そんなわけで休日返上の日となった今日は、朝から地下鉄を乗り継いで大手町駅で下車。部長たちがおられる場所へ行き、販売促進活動に勤しんだ日曜日となった。

昼時はイベント主催者様からお弁当が出て、かんぴょう巻きとおいなりさんを食したランチ時であった。

そしてそれも無事終わり、地下鉄で錦糸町駅に着く頃、こちらで軽く腹ごしらえしたくなり、京葉道路沿いの店頭に立った私であった。

バットを構える野球選手に、気合充分な相撲取りの姿が夫々左右に描かれ、その真ん中に店名がドドンと表示されている、そんないつもの看板が今日も迎えてくれた。

さて何にするか悩む所だったが、ふと店頭インフォを見れば、中盛でも大盛でも同じ750円の金額で、某店を彷彿とする、魚粉が海苔の上にたっぷりとのった、フォトが紹介された「もりつけ麺」があった。

そう言えば周辺にもそんなつけ麺を提供するお店があったなと思いつつも、それで行こうと入店して一番手前の空いたカウンター席に腰掛け、その中盛でオーダーを通した。

ところで店頭のインフォだが、麺量について触れている中で、茹でる前の麺量である事に、重点を置いてインフォメーションしていた。

確かに激戦区になっている街によっては、周辺のライバル店が茹でた後の麺量を表記している場合、麺量自体がパッと見で少ない事によって、お店のイメージダウンになってしまう恐れがある。

店舗で統一せず、周辺に合わせた表記が、今後必要になって行くのか。

店内は夕飯にしては早い時間ながら、ファンが多いラーメン店の所為か、そこそこに先客がおられ、ラーメンをツルツルと啜っていた。

亀戸に本店があり、篠崎と浜町と浅草にも支店がある、麺は浅草開化楼のラーメン店だ。程なく到着。

おお、これまた美味そうな、もりつけがやって来た。中盛で茹で前麺量が220gで、ちなみに同じ金額の大盛は330g。百円足せば特盛が440gで楽しめる。

それではと行かせて貰えば、それはもう美味い美味い美味い美味い。

つけ麺と言うと甘味料も入っていて、こちらもそれらしく甘みを感じるが、プラスしてこちららしい背脂を溶かした感じの油による甘みも来て、それが一つのいいシフトを作っており、実にうまい「もりつけ」だった。

そこに魚粉で魚介感がまた風情を押し上げ、つけ汁に沈む具材自体の味がフラフラせず美味しいものであった。

開化楼の麺もまた、よく茹でられている分モサッと来て、その汁の食いつきが適度になっていて、とっても良かった太麺だった。麺量220gもあり、気が付けば完食。

スープ割りをお願いすると、蕎麦屋で供される蕎麦湯のような容器に入れられて来て、それを割り入れて飲めば、こちらのラーメンを思い出す豚骨感が、至福のひとときを与えてくれた。

いや、これまた、良かった、うまかった。

(左フォト) もりつけ麺中盛(麺・汁)/店舗外観 (2009.07.12)


 ハッスルラーメンホンマ 錦糸町店

 住所:東京都墨田区江東橋2-16-8  定休日:年中無休  営業時間:11:30〜翌3:00

 アクセス:JR総武線錦糸町駅南口下車。京葉道路を両国方面に、2分程進んだ通り沿い右側。

   
錦糸町に社用で出掛けて、それも済んでランチ時となり、こちらへ自然と足が向いた。とっても久々入って見る事にした。とは言え、浅草店には今年の4月に訪問している、浅草開化楼の麺のお店。デジカメなし。カウンタ席に腰掛け、塩ラーメンのチャーシュー増しを大盛でお願いする。程なく到着。
いやいや、軽く溶けた背脂のこってり感良く、麺は低加水の良い所がドカンと出て、総括して良い風合いがあり、やつぱりこれは旨い旨い旨い旨い。チャーシューも良い風情があり、シナチクさえもこんなの好きと言う所。気が付けば完食。油感に後味感も良い。いや、ほんまに旨かった。
(2006.09.30)
昨夜、サイト訪問者様よりメールを頂き、こちらの麺が、何と浅草開化楼との事。思わず、「ええっ?ほんま?」である。道理で、良い感じだった訳である。と、言う訳でいたずら心も涌いて、また会社帰りに入店する。それではと、つけ麺をお願いして、特大860円でも300g程度と教えて貰い、それでお願いする。中に入る直前に、電光ボードのインフォで、ちょっと他所には無いつけ麺です的な表示があり、何がそうなのか気になる所。やはり、どこにも開化楼の麺箱も無く、知らない人は全く判らない状況であった。程無く到着。

なんとつけ汁の中には、そう見掛け無い背脂がたっぷりと、辛味料が一緒に入っていた。普通の冷たい麺なら、すぐに油が凝固してしまう所だが、それはそれ、暖かい麺に茹でたばかりのモヤシで、最後まで心配無く楽しめた。つけ汁には背脂の他に、味噌や練りゴマや、ラー油が入った様な感じだった。
食べている後半に予定通り、「うん?この麺は開化楼・・・・・、浅草開化楼の麺ですね?」と、近くにおられるお店の方に尋ねる様に、比較的声を大きくして喋る。すると、「は、はい、そうです、浅草開化楼さんの麺です」 その方の目を見ると、驚いた顔をしながら、この人は凄いという、尊敬のまなざしを感じたのだった。「あ、やっぱり」と一言だけ口にして、最後の一本の麺まで美味しく頂いたのであった。面白いのは、初めから用意されて置いてあった割りスープが暖かいままで、先程の様な仕様のつけ汁だから、ダシスープの量に左右される事無く美味しい割りスープであった。帰り際、先程の方をおもむろに見ると、まだ「この人は凄い」と言う尊敬のまなざしをしておられ、それ以上の事が言えなくなってしまい、清算してお店を後にしたのであった。
(2004.05.27)

う〜ん、明日の朝は台風が待っているらしい。また某店に行くか、と店頭に立てば臨時休業。振り向けば店頭がやたら賑やかなこちらのお店が異彩を放っていた。初めて見た時は、クラッと来たが、店内から匂うその芳香は、うん?いい感じ、というもの。これから別のお店を探すのも面倒くさい(本音)ので、こちらへ入る事にした。店内は「ハッスル」の文字で埋め尽くされていた。こちらを見れば「ハッスル」。あちらを見れば、あら、「ハッスル」。振り返れば、ほら、「ハッスル」。もう死語になっているよな、思いつつ着席。メニューで、「ハッスル」の文字をかき分けながら悩んだ挙句に、チャーシューハッスルラーメン800円をお願いする。はぁ、はぁ、と息が切れる程。ぜぇ、ぜぇ、である。程なく到着。

しかしである。出て来たラーメンは、面白い程にちゃんとしていた。この表現は、かなり失礼かも知れないので、本格的と訂正したい。豚骨スープのコク良く、背脂が入っているのだが、市川のお店のそれと共通点が多い。中太ストレートの麺もこれがなかなかどうしてと言うもの。チャーシューもまずまずで気が付けば完食の一杯であった。ただ何故か、なかなか良いのに、そして初めて食べたラーメンなのに、新鮮さを感じる事はなかった。

帰りがけに、ケータイで某サーチに、件の文字を入れて検索した所、亀戸にあるらしい本店が紹介されていた。千葉の「元気一杯」のラーメンを作られた方が作ったラーメンのお店らしい。読んで霧が晴れたのであった。なお、支店は他にもあるらしい。店名の最後に、「ほんま」とあり、本間さんという方が経営しているのだろうか?余談だが、それで思い出したのであるが、大阪に、「ほんまの老麺屋」という名のお店がある。らしい。そこの店主も、本間さんと言う事らしい。絶対に面白い、と思う。
(2004.05.20)  



2004.05 ハッスル特製つけ麺特大



2004.05 チャーシューハッスルラーメン



喜劇らーめん食べ歩きTOP