らーめん食べ歩き  
 波里@千葉県市川市・南行徳※閉店

2003.08チャーシュー麺


アクセス

営団地下鉄東西線南行徳駅を出たら浦安寄りの大通りを今井橋方面に向かい、相之川交差点を右折してしばらく歩いた左側。徒歩およそ15分。
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間 11:30〜14:00/19:00〜23:00(土日祝11:30〜15:00/18:00〜23:00)


先日仕事でクロージングの時、よくあるのだがまたお客様とラーメンの話しで盛り上がり、その時にこちらのお店が一番旨いとの事で、まだ未食だったので今度行こうと思っていた。以前、付近の市川市相之川に数年間だけ住んでいた事があり、今井橋の近くの今風のアパートで休日は行徳周辺で遊んだりしたものである。

連休を貰って雨が降り続く今日もお休みの土曜日。西船橋経由で東西線電車に乗車。途中、江戸川放水路に幾つもの小船が雨に濡れながら佇んでいるのが車窓から見える。南行徳駅に到着。千葉ラーメン222軒を頼りにこちらへ到着。この付近の本に載っているお店はこちらも含めて、引っ越してから出来たお店ばかりだったりする。実は去年、一度お店の前に立ったが食べられ無かった事があったりする。

今日はお盆休みが多い中、営業しており暖簾を潜る。入ると目の前にカウンタ席があり、奥にテーブル席が幾つか見えたが、殆どが埋まっていたのもあってカウンタ席中央に着席する。大きなメニューボードにチャーシュー麺を見つけそれをお願いする。カウンタの上に小さいインフォボードがあって、化学調味料がいかに良くないかが明示されていて、無化調店と云う事が判る。程なく到着。

湯(スープ)はやはりあっさり醤油ながら深いコクがあり、すっきりした味わいで旨い。無カン水で定評ある麺は・・・「あれ?話しが違うぢゃないか!」とカウンタをパーンと叩く(叩かない、叩かない)。中細ややちぢれの麺でしっかりとカン水を感じる。

店主に、「麺は無カン水とお聞きしたんですけど?」と言うと、「あ、すいません。実は利用していた製麺所が倒産してしまい、自家製で少しだけカン水を入れているんです」との事だった。う〜ん、ご時世である。止もう得ない所である。「あと一カ月ぐらいしたら自家製の無カン水で出せる様にしますのでまた来て下さい」との事だった。またチャーシューはトロカタ系でコクがあり旨く、シナチクも良かった。

三軒茶屋の名店の暖簾分けのお店だそうで、総括的にはカン水の使用が他と較べれば全然少ない方で、この自家製麺もなかなかのレベルで旨いラーメンであった。

(2003.08.16)


喜劇らーめん食べ歩きTOP