花キッチン 千葉・大網白里町







★ 初秋の九十九里周辺ドライブ紀行 【前編】

ラーメンで出掛ける時は大抵一人だが、今回は訪問先もあり嫁さんにドライブがてら出掛けようと誘い、昨日予約しておいたレンタカーを借り、市川ICから高速を一路千葉中央部太平洋側界隈へ目指した。

まもなくして幕張SAに入り、タリーズコーヒーがあったので、そこでモーニングコーヒー。こんな時は缶コーヒーが常だったりするが、酸味のいいコーヒーで幸先が良かった。

最近はパサール幕張と言う施設になっていて、タリーズもその中にあったが、ドルチアやパステル等多くのこだわり人気スイーツショップも営業していた。

そこを出て千葉東金道路へ進み高田ICで高速を降り、しばらく行った所にある千葉市営の乳牛育成牧場にまず立ち寄った。

ここは観光地化していないものの、風光明媚な景色が広がり、乳牛も近くで見る事ができ、人造湖周辺辺りまで散歩してからそこを離れた。

その後東金街道の国道126号線沿いの高田インター入口に程近い場所にある「菓子庵いずみ野」で、千葉土産の新定番らしい落花生を利用した「ぼっち畑」を購入。

そしてその道をそのまま進んで東金市内に入り、予定通り東金古民具村へ。大きい骨董店見たいな所で値札がついた商品や貴重な戦争資料が陳列されたいた。

驚いたのはその前にあったリサイクルショップで、レトロなオモチャ類が大量に整然と展示されて販売しており、こちらの方が却って圧巻で凄かった。

そんな場所を観光して回り、そろそろラーメン店が開店する時間と言う事で、いよいよ花キッチンさんへ向かい、到着したのは開店まもない正午前であった。

周辺は林も点在していて野畑が広がる牧草地帯のような中にあり、一軒家がそのままラーメン店になっているお店で、ラーメンも時流に乗った無化調だそう。

5台近く駐車できるスペースの専用駐車場が店舗前の道路を跨いだ場所にあり、そこにレンタカーを入れて玄関を入って行く。

ドアを開けて中へ入ろうとするとスリッパに履き替えるよう促され、まさしく一軒家の隠れ家的なこちらであった。

運よく席も数組分空いており促されたテーブルの席に腰掛けると、後続して入店された方の何人かは席が埋まってしまい、ノートに名前を書いて待つスタイルとなっていた。

ほどなくオーダーと言う事で嫁さんは醤油つけめんを選び、私は塩ワンタンメンを選ぶと、一枚入るチャーシューがバラ肉かモモ肉か選べるそうで、脂身が多いとあったので思わずバラ肉を選んだ。そして麺も太麺と細麺が選べるそうで、そこはやはり太麺でお願いした。

ラーメン店だが、お喋りでもしながら料理を楽しむ、そんな家庭的な雰囲気のフランス料理店と言う感じで、思わず嫁さんと会話をしたが、たまたまなのか静かな店内で変に店内へ響いてしまった。

店舗と違って一軒家をそのままお店にしているのもあり、一括提供はままならないらしく数杯ずつ提供しているようだった。

でも先客がオーダーしたラーメンを見ると、スローフードの理念を思わせる程の、その分どれも大変丁寧な作り込み感が感じられ、それでもそんなに待ったと言う事もない内にオーダー品はやって来た。

いやいや、これは美味そうな塩ワンタンメンだ。それではと行かせて貰えばそれはもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

出汁は無菌豚の豚骨に地鶏の鶏ガラ、これに白子産煮干しや道南産昆布が利用されているそうで、何とも奥行きのある魚介感が前に出たそんな味わい深さだ。

また塩は塩分控えめながらも、イタリアの海塩と中国福建省の古代塩だそう。

麺は茂原市にある三浦屋製麺さんに特注した麺だそうで、その太厚平麺は熟成させた感じの多加水系で、スープを生かす為のいい小麦粉を利用している感じがあり、ムチムチと口内で暴れるその食感にも魅了された。

そして肉ワンタンがまたウマ味溢れるジューシューさで、チャーシューもまた完全無欠な肉肉らしさ。

限定も月替わりで提供しているようで、今月はカレー風味のパイコー麺らしく、しかも温と冷の2タイプがあるだけでなく、さらにそれでバリエーションを変えたものまであり、その対応力の凄さに半端ないものが感じ取れた。

また嫁さんの醤油つけめんを少しだけ頂いたが、酸味が何とも膨よかなもので醤油のまったりさがシブかった。ラストのスープ割りも、そんなシフトで着地させながら、納得させるものがあった。

気が付けば完食。精算時その良さを告げ、そこを後にした。 そして次の場所へ

(左フォト) 銘菓ぼっち畑/塩ワンタンメン/醤油つけめん/店舗外観 (2008.09.13)


 花キッチン (はなきっちん)

 住所:千葉県山武郡大網白里町南横川3284-3

 定休日:月曜・火曜・水曜日※祭日の場合は営業   営業時間:11:30〜15:00/18:00〜20:00

 アクセス:JR外房線永田駅周辺。徒歩圏外、下谷公民館そば。



 ■ 千葉市乳牛育成牧場  住所:千葉市若葉区富田町983-1 TEL043-228-0175 定休日:年中無休 営業時間:9:00〜16:00

 ■ 菓子庵いずみ野 住所:千葉市若葉区野呂町1793-333 TEL043-228-2345 定休日:水曜日

 ■ 古民具村 ※株式会社守門(すもん) 住所:東金市家之子453 TEL0475-53-2664 定休日:水曜日 営業時間:10:00〜17:00

 ■ 総合リサイクルセンター(TEL0475-55-5005)内 コレクターズ倶楽部マニアック 住所:東金市家之子453 TEL0475-55-2344



喜劇らーめん食べ歩きTOP