博多天神 新橋2号店 東京・新橋



午前中は早目に有楽町の某店に出掛け、朝食的な感じで野菜だけのラーメンを堪能し、午後は例によって新橋の鉄道ホビーショップへ足を運んだ日であった。

ホビー関係を物色するのは結構疲れるものがあり、例えて言うなら小さい切手のチョットした違いを目を近づけて確認するような作業と言えた。

それも済んでJR新橋駅へ戻って行くと、道すがらにあったこちらが目に止まった。

そう言えば秋葉原某店が先日残念ながら閉店してしまったそうで、その跡地に渋谷などで見掛ける「博多風龍」と言うお店が今度は入るらしい。

そのお店にはまだ一度も入った事はないが、どうもイメージがこちらに近い感じが前からしていた。

経営が同じなのか定かではないが、そんな事が手伝って遅い昼食をこちらで取る事にした。そんな訳で店頭に立てば、黄色いテント幕には愛らしい笑顔の、豚さんがドンブリを抱えている絵があった。

渋谷と新宿と新橋などに合計十店舗以上を有する博多豚骨ラーメン店で、新橋にも2店舗があり、随分昔にもう一店舗の1号店の紹介をした事がある。

そしてそれよりかなり前に、新宿か渋谷かも定かではないが、一度食した気がするラーメン店だった。

中に入れば、こちららしい濃厚豚骨の文字が躍る店内が広がっていた。

コーヒーで言えばブラックと言うインフォもあるが、豚骨くさい雰囲気は相変わらず無く、いい意味であっさりした口あたりで、関東人受けする仕様のラーメン店と言えた。

新橋1号店とほぼ同じ外観で、壁やドアが無く入口がオープンなスタイルになっており、一杯五百円もあり入り易いラーメン店だ。

入り口近くに腰掛け、そのラーメンをオーダー。さすが博多ラーメンだけあって、ほとんど待つ事なく、まさしく程なく到着。

それではと口にすれば、それはもういやいや、旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

牛乳が入っている気さえしてしまう、真っ白いスープが特徴の豚骨スープに、博多ラーメンらしいスナック感覚なサクサクと入るストレートの細麺。スープは圧力釜で炊いているらしい。

都内のラーメン店らしいラーメン店で、具としてはキクラゲに青ネギにチャーシューが乗り、比較的大きめの焼き海苔がドンブリの脇に指してある。

煎り白ゴマ(適度に)かけ放題で最初に(適度に)ふりかけ、辛子高菜(適度に)入れ放題で、後半になってから(適度に)入れた。

思えば店名を問わず、何度となく口にした関東風九州豚骨ラーメンと同じで、九州の方からすれば物足りないらしいが、私にとっては、これが何とも言えない美味しいラーメンだった。

気がつけば完食。いや、めちゃくちゃ美味しいのとは違うが、しっくりと来るラーメンだった。精算して外に出ると、替え玉無料券が店頭に用意してあった。。。

(左フォト) ラーメン/店舗外観 (2009.07.04)


 博多天神 (はかたてんじん) 新橋2号店

 住所:東京都港区新橋3-21-10   定休日:無休   営業時間:11:00〜翌3:00

 アクセス:JR新橋駅烏森口下車。改札を出たら右側の烏森方面に出て、左手のガード下の道の
       一本右側の通りを入り、少し歩いた左側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP