らーめん食べ歩き 
 ぐうらーめん千葉店@千葉県千葉市中央区・千葉寺※2007年閉店

2006.06 東金が本店の千葉らしいお店。
2006.06 ぐうらーめん


アクセス 京成千原線千葉寺駅又はJR蘇我駅下車。国道357号線沿いアリオ・イトーヨーカドー前徒歩およそ10分、千葉市中央区稲荷町2-3-12。
定休日 水曜・第四木曜
営業時間 11:30〜22:00


昨夜のワールドカップのオーストラリア戦は、後半の途中までは守備が良かった。そんな昨夜の気持ちを、引きずる様な梅雨らしい雨雲の午前中。そんな中、千葉らしいラーメンを食べたいと、こちらへ行く事にした。東金に本店を持つ、竹岡式っぽいビジュアルのラーメンのお店。

JR千葉駅を出て京成電車に乗り換える。たった数駅なのに、30分近く掛かり千葉寺駅で下車。そこから歩いて、JRの線路を潜ると、何とアリオ蘇我があった。そうだったのか思いつつ、国道357線を右折して店頭に立つ。

中に入ると、広い店内が広がる。奥のテーブル席に腰掛け、お店の方に店名が冠の、ぐうらーめん580円をお願いする。こちらのスタンダードラーメンの様。程なく到着。

まさしくやはり竹岡式のビジュアル。黒い醤油色のスープに、刻み玉ねぎが一面に浮き、良く煮込まれた感じの大きめのチャーシューが二つも入っていた。東金ではこれを炭火で焼いているらしい。口にするとなるほど、これはいい感じに旨い旨い。

麺は、低加水気味のやや中太ストレートの、柔らかい麺で自家製らしい。大正時代から続く、老舗店の様な雰囲気の味で、スープに絡んでなかなかの麺で、この麺なくして語れない感じのラーメンであった。

チャーシューも思った程濃い味付けで無く、トロトロで良い雰囲気でラーメンの質を上げていた。実際食べて見ると、竹岡式ラーメンに、関東に古くから根付くラーメンとの、融合的なラーメンと言えた。いや、良かった。

(2006.06.13)


喜劇らーめん食べ歩きTOP