吟。 茨城・水戸 ※閉店





早朝に見る桜は、どこか凜としていながらも、気持ちを和やかにさせる。そんな桜前線も北上を続ける、4月卯月初日の年度明け、気持ちも新たにさせる火曜日。晴れ。

JR常磐線勝田駅から出る茨城交通の湊線もまた、新たに「ひたちなか海浜鉄道」として今日は再出発する日。その関係でスーパーひたち号を利用して、こちら界隈へやって来た。

そんな所用も済んで、JR水戸駅に着くと午前11時半頃。駅周辺は再開発で大きく変貌を遂げていた。さらにもう一棟の駅ビルの建設が続く。

せっかくここまで来て直ぐさまUターンする訳はなく、あらかじめネットでこちらの存在を知り、そんな変貌した新しい街を眺めつつ到着。「吟。」と書いて「ぎんてん」と読ませるとは面白い観点。

最近一風変わった店名をよく目にするが、ネット検索で自店の評判を調べ易くするのもあるのかも知れない。

入店するとすぐ右手に券売機があり、気になっていた「塩らあめん」並盛720円を選び、麺量をお聞きすると一般的なグラム数だったので、更にチャーシュー飯350円のボタンもタッチ。

先客二名の開店まもない店内。券をお店の方に渡してから、カウンタ席に腰掛け、しばし到着を待つ。この時間帯で後続が続いており、やはり人気店の風情。程なく到着。

おお、ビジュアル的にも、そそられるものがある塩ラーメン。それではと口にすれば、いやいや、旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

魚粉塩とんこつ系のラーメンで、魚粉が在り来りで無く、そこからしてなかなかなラーメン。無化調っぽい感じで、豚のコクも良い風情。

麺は中太やや太ちぢれの多加水で、一晩寝かせた感じか。さすがラーメンのレベルが高い茨城県の、県庁所在地のラーメン店だった。

チャーシュー飯も飯の量は少なめだが、そこにのるチャーシューはよく炙ってあり、大変肉肉しく良かった。

気が付けば完食。辛つけめんもウリのお店の様。行きも帰りも4月らしい強風で電車が遅れたものの、車窓は桜色に包まれた春の彩り。いや、良かった。

(左フォト) 塩らあめん(並盛)/チャーシュー飯/近隣の駅南平和公園 (2008.04.01)


 らあめん 吟。 (ぎんてん)

 住所:茨城県水戸市城南2-14-21 定休日:木曜日

 営業時間:11:30〜15:00/17:00〜21:00 ※日曜祝日は中休み無し。

 アクセス:JR常磐線水戸駅南口下車。エスカレーターを降り延伸する道を直進して白梅2丁目
       交差点を左折。200m程進んだ駅南平和公園先の左側、徒歩およそ12分。

水戸市内駅南平和公園隣りにあるお店。 しょうゆ味に、辛くないつけめんもある。



喜劇らーめん食べ歩きTOP