らーめん源太 駅前館 千葉・本八幡 ※閉店





昨日とそう変わらない曇り空が続いて、そこそこ寒いが雨の降る感じも無く、比較的穏やかな2月中旬の水曜日だった。相変わらず無職が続いていて、就職氷河期とTVで表現される度に、しみじみと実感する今日この頃であったりする。

そんな今日は歯医者の予約が正午まもない時間もあり、また本八幡の街の中でラーメンを済ませようと、今回は久々こちらへ入店する事にした。

製粉業がメインの会社が経営するラーメン店で、入り口がログハウス風になっていて、地元の方に人気がある自家製麺のお店だ。正午前のまだ空いている時間帯に入店。火曜定休が年中無休となっていた。

すぐ左手に券売機があり、何にするかまだ決めていなかったが、当店おすすめとあるインフォカードが券売機に貼られていた、840円の豚ばらチャーシュー丼とシンプルな半らーめんのセットメニューがあり、思わずそのボタンを選んでいた。

奥へ進むと女性が待ち受けていて、その方にチケットを手渡すと、脂は普通で良いかの確認があったので多めでお願いした。好きな席にどうぞと奥のテーブル席に腰掛けて待った。

程なく到着。今まで美味いを連呼して来たが、思う所があって今日からそれを封印する事にした。

ラーメンは、背脂がスープへ多めに溶け込んでいて麺がしっかり入っており、刻みネギが少し乗せただけのいわゆる所の素ラーメンだが、半らーめんと言う割りには多めの量であった。口にすればこれがけっこういい風情があり、美味しく頂けたものであった。麺も太いシフトで、むっちりしていて良かった。

また豚ばらチャーシュー丼は、カレー皿の中央にご飯が盛られ、その上に細切りされたチャーシューが多めに乗っていた。そしてそれを隠す勢いで刻みネギと中央に温泉玉子が置かれ、白胡麻とラー油のような油が振られて大判の浅草海苔が放射状に刺して紅生姜が添えられたもので、こちら自慢の美味しいサブメニューと言えた。

チャーシュー丼の方に、ウエイトを重く置いたラーメンセットメニューで、ご飯をしっかり愉しんでラーメンもできれば一緒に口にしたい要望に応えたものであった。気が付けば完食。いや、大変に美味しいそんなラーメンとチャーシュー丼であった。

こちらを出て、いつもは駅前のチェーン系カフェだが、最近続いていて長居の時もあって入り辛い感じだったが、そんな折りに駅前のガストの存在に気がつき今日はそちらへ入った私だった。ガストと言うとファミレスで食事を楽しむ場所だが、喫茶だけでも利用が可能であり、以前にもそれで入った事があったものだった。

いざまた入ると、これがいい感じのスイーツも一緒にオーダー出来るし、ブレンドはそれなりだがドリンクバーで他のジュースも楽しめスイーツも結構美味しく、それで支払い額は500円前後とお徳であったりしてこれはお奨めであった。ちなみに南口駅前にあるそのガストを右手に進んで行けば、突き当りの左手にこちらがあったりする。

(左フォト) シンプルなセット半らーめん/豚ばらチャーシュー丼 (2010.02.17)





ヘアカットもあって、久々の本八幡駅界隈。頭もさっぱりして歩き行くと、その通り道にこちらがあり、そう言えば来てなかったなぁと、今日はこちらへ入って見る事にした。

以前は市川IC近くに本店があったが、既にそこは畳んでおり、営業店舗はこちらだけになっている。入り口には、バンガローハウスの様なオープンウッドデッキがあり、そこで食す事も可能にしているラーメン店。

そこを抜けて入店し、券売機の前に立ち、目立たない位置に「ラーメン+半チャーシュー丼セット900円」のボタンを見つけ、思わずそれにタッチ。

ふと見ると小麦粉の関係により、こちらも最近値上げしていた様子だった。

券売機周辺の入り口近くは、外からの良い風が来ており、思わずその辺に着席する事にした。座って振り返れば、オープンウッドデッキのテーブルに映る、外の明かりが眩しい昼下がり。

メニューが目の前にあり、あらためて見ると、東京醤油ラーメンや味噌味のラ−メンもあり、つけ麺やざる中華もあった。アルコール関係におつまみ類も豊富なメニュー。

またカウンターテーブルには、調味料類が整然と並んでいて、普段から掃除が行き届いている事が判る。キューリの漬け物総菜もあり、ライスだけオーダーしても良い感じ。程なく到着。

ラーメンは近くの「なりたけ」とは、また違ったシフトの背脂醤油ラーメンで、魚介を軽く利かせたあっさりした豚骨醤油系で、やや多めの背脂にラードも浮かせた感じのもの。

そして麺はコシ強めの多加水麺で、熟成させている様。形状は中太平ちぢれでスープ共にまずまずの出来の、悪くない感じのラーメンだった。

そして半チャーシュー丼は、白髪ネギとキザミ海苔も合わせたもので、チャーシューは小さくサイコロ状にしてあり、こうした丼ものにしては豚・白米共やや多めで、しかも豚はしっかり暖めて脂も巧く解けており、かなりレベルの高い半チャーシュー丼だった。

気が付けば完食。いや、ラーメンも良かったが、特に半チャーシュー丼が良かった。

(左フォト) ラーメン(源太)/半チャーシュー丼 (2008.05.01)


 らーめん源太 駅前館 (らーめんげんた えきまえかん)

 住所:千葉県市川市南八幡4-2-10 定休日:年中無休 営業:11:00〜1:30(日曜日〜24:00)

 アクセス:JR総武線本八幡駅南口下車。ロータリー奥の右路地を入り突き当りを左に程なく進んだ
       左側、徒歩およそ1分弱。


     
風を感じながら、ラーメンを楽しめる。 整然と並ぶ調味料類で判る普段のご対応。 2006.07 夏限定・辛味そば JR本八幡駅からすぐそばのラーメン店。
  
こちらの常連さんらしい、サイト訪問者様より自掲示板にこちらのご紹介を頂き、そう言えばと三年振りに行って見る事にした。食べ歩かなければ、バス乗り換えJR駅とあって、頻繁に入店していたかも知れない。辛味そばと言うのがお奨めらしい。会社帰りに、ネオンきらめく裏路地に入り、その店頭に立つ。

変わらぬテラスのあるラーメン店。菜さんの隣りにあった本店は、随分前に業態変更をしている。中に入り券売機で、その夏季限定らしい辛味そば750円を選んで、入り口そばの変則的な椅子のカウンタ席に腰を降ろす。目の前にオーダーした辛味そばのインフォがあった。何と汁なしそばで、自家製のラー油を使っている様。程なく到着。

よく絡めてから食べて下さいとの事で、早速温泉玉子を潰してよく絡める。さてと一口とすると、なるほどこれは旨い旨い。ゴマの香りの無い、香味野菜が前に来る特製ラー油の辛味良く、角小切りされたチャーシューが多めに入りなかなかと言える感じ。

麺は小麦粉の所為なのか、加水率が高過ぎる所為なのか、特製麺と言う風情は無いが、この辛味そばにはそれが何故か合っていて良かった。気が付けば完食。あ、相変わらずお店の方の胸には、手書きの大判の名札が付いている、らーめん源太さんだった。いや、良かった。

(2006.07.03)
  
新店に二回振られ、久々こちらへ入店。チャーシューつけ麺が1.5玉だそうで少し物足りなく感じたので半玉大盛券も買い着席。店内は酔っ払ってらっしゃる方が結構おられ賑やかだったりする。程なく到着。湯(スープ)はとんこつ塩系のスープで、麺は太ちぢれ。一見多そうに見えるが山はそれ程高く無く少し食べる方ならこれで丁度良い量と云った所。

まずまずのつけ麺を堪能した。完食後、割りスープをお願いしたら気持ち程度の割りスープで、全部入れてもぬるい感じで少し残念であった。割りスープの追加をすれば良かった。

(2003.07.08)
  
某掲示板で豚骨醤油が売りのこちらのお店が「削り節中華そば」なるラーメンを出したと知り、気になっていたので本日、嫁さんも連れ立って入店した。確かに券売機にその名のボタンがあり、「焼豚角切り200円サービス中!」と云うボタンもありつい押してしまう(ハート)。餃子も二人で食べようと押してカウンタ席に案内され券をまとめてお店の方に渡し着席する。

ふと見るとラー油等の調味料ビンの中に「ラーメンたれ」と書かれてある小ビンを見つける。お店の方に聞くと全てのらーめんで使えるらしい怪しい小ビンである。しばらくしてラーメンと餃子が到着。湯(スープ)は鶏ガラ・豚骨ベースのあっさり醤油味といった感じに、削り節と煮干しが入っているそうで、魚ダシが豚骨が入っている分、奥に引っ込んだ感じに思えたが定かでは無い。

麺は細いストレート麺でカン水を感じない分、コシが弱い様に思えた。焼豚角切りはまずまずと言ったところ。例の「ラーメンたれ」は餃子のタレとして楽しんだが、タレも良かったが餃子が大変美味しかった。

(2002.12.19)
  
ここの背脂多めを食べたくなり注文して食べた。湯(スープ)は独特のコクがあり良かった。今回は、以上である。 (2002.10.17)
  
夜の外食の機会がまた出来、ここを訪れる。豚骨醤油チャーシューに味玉の券を買い、カウンタに置き座る。座ると目に付く「あなた専用のベンチ椅子がガタガタする時プロ調整員が直ぐに飛んで参ります」の文字。程なくらーめんが到着する。

掲示で麺の固さは何も言わないとカタメらしい。背脂が以前より少なく感じる。その分、湯(スープ)の味がストレートに味わえる。チーユの味も微量ながら感じる。またそれ以外の味も色々と感じ取れる事ができた。背脂が多い店のスープで何店か背脂抜きで食べたくなる気にさせて貰えた。

チャーシューがやや薄くなった感があり食べ易い。麺がカタメでコシが良い。味玉はお約束の半熟もの。食べ終えて店長らしき方が近くにいたので「こちらのラーメンはどちらかと言うと旭川らーめんですか?」と話し掛けてみる。「いえオリジナルのラーメンで特にそういったものではないです」と気さくに答えてくれた。

「チーユが少し入っていると思うのですが…」と聞くと「特に後からは入れてませんが煮込んだスープにはそうした成分が入っていると思います」と答えてくれた。「背脂が少なくなりましたね」には「アンケートで多かったのでそのように致しました。アンケートで随分掲示事項が増えました(笑)」との事だった。アンケートの結果をすぐに波及させる努力があり立派なお店であると思った。

(2002.09.27)
  
豚骨醤油の源太らーめんに角煮300円が200円になっていたのでそれも券売機で券を買う。さらに券売機横にビールが収納してあるタテ形ガラスショーケースがあり、美味しそうなので思わず券売機のボタンを押す。席につくとおしぼりが手渡しされる。ラーメン屋ではちょっと無い良いサービスである。ビールはすぐに来た。

仕事帰りのビールはたまらなくうまい。しばらくして角煮がトッピングされた源太らーめん到着。背脂が軽く浮いて豚骨醤油が中太ちぢれ麺によくからむ。角煮はトロトロにばらけ、程よい甘辛でなかなかいける。

(2002.07.25)
  
豚骨ネギチャーシューメンに味つけ玉子(1000円)を注文する。これぞ濃厚な魚ダシが加わったとんこつ醤油の湯(スープ)と口にした瞬間判る。非常に良い意味で判りやすい。麺は中太の縮れ麺でこれがよく麺にからむ。国府台の好に比較的近い味と言える気がした。しらがねぎの上からゴマ油がかけられホウレン草とシナチクが色を添える。

チャーシューはトロトロ系で、味玉はお約束の半熟ものでなんと一個半が添えられる。冷水は冷水が入ったコップが出てきて冷水ボトルから自由につぐ方式。一度目は昼間行ってラーメンにばかり目がいって気がつかなかったが、大変心配りのあるお店である。お店の方の接客態度も良かった。

(2002.07.02)


喜劇らーめん食べ歩きTOP