らーめん食べ歩き 
 らーめん元楽神田店@東京都千代田区・神田多町 ※閉店

2003.09チャーシュー元ラーメン(醤油)大盛
2004.09つけめん


アクセス

JR神田駅から中央通りを上野方面に向かって、須田町1丁目の交差点を左折してしばらく歩いた右側。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら
定休日 土日祭日
営業時間 11:00〜15:00/16:00〜20:00
公式HP http://www.genraku.com/


また行って見るかと、一年振りに入店する。つけめんがあったのでそれと、ぶためしも。タレとゴマ油をかけて食べたが、細切り海苔がくっきあってバラけず、食べ辛かったが美味しかった。そしてつけめんを食すと、目をつぶればそれはもう冷やし中華。

麺は200gだそうでボリュウム感もいい、中細縮れの良い感じで、つけ汁は黒く一瞬おっと思ったが、洋カラシもついてぴったりな、つけめん風冷やし中華。でも急須に入った割りスープは魚の出汁もあって、つけめんとして食べ終えた感があったのが面白かった。

(2004.09.10)


何だこの熱さは?という位に熱い一日であった。そんなランチタイムに塩はどない?と入店する。今日はさすが日テレのラーメンベスト99の第19位は伊達じゃない位に混み、なんとか座席に着いた。券売機で買った塩の楽ラーメンと、ぶためしセットの券をお店の方に渡す。しばらく待って到着。

醤油の時は土佐っ子を思い出したが、この塩の時はそれ程とは言えないが、あえて言うならとした感じで山頭火の塩を思い出した。あんなクリーミーなコクは無いが、どことなく感じる野菜などのコクの雰囲気が似ていた。

そして白濁した中には背脂は入っているし、「違うじゃん」と言われれば、「はい、そうですね」となってしまう。でも、「なんかコク回りが似てますね」と来たら、「でしょ、でしょ」となる。

ぶためしは専用のタレとゴマ油が用意され、食べ方のインフォがあり、なかなか旨いものだった。さすが登録商標を取るだけのぶためしであった。

(2003.09.12)


栄屋ミルクホールから更に神田駅方面のお店を紹介して行こうと、散策して見つけたお店で、台東区蔵前に本店があり都内に五店舗を持つお店らしい。

座ろうとしたら、「券売機お願いします」との事で初めて入店したが少し判り辛い位置にあった。券売機でチャーシュー元ラーメン(醤油)大盛を選びカウンタ席へ座る。午後一時半で先客三名ほど。程なく到着。

湯(スープ)は土佐っ子を思わせる味とビジュアルで、紐を辿って行けばたぶん関係している感じがする濃厚こってり背脂チャッチャッ系醤油味。麺に色が軽くついてやはりそこを思わせる。

中太やや細のストレート麺。チャーシューはトロトロ系。総括的には野菜の甘みが確かに出ている感じで背脂も甘く、やや味が濃過ぎてどちらかと言うと、インパクト重視の個性が強いラーメンであった。

自宅に戻り、インターネットでリサーチして見ると、ドットコムで公式HPを持っていたお店であった。「ぶためし」はこちらの登録商標らしい。塩味の楽ラーメンも気になる所である。

(2003.09.08)


喜劇らーめん食べ歩きTOP