ラーメン現代 千葉・新松戸





アスファルトを見れば通り雨が降ったようで、すぐに止んだのだろう大木の下だけ濡れておらず、そしてセミの鳴き声が静かにこだましていた、七月下旬水曜日の夏の日であった。

しばらく前から・・・いや、正確に言えば随分前から、行きたかったラーメン店が松戸市内にあった。それで以前是非行って見ようと、店頭に立てば営業しておらず、たぶん夜しか営業していないのかもと、諦めて帰途に着いた事があったのであった。そうだ、思い出した。そのラーメン店だった。

それがこちらで、新松戸駅前でカフェしながら今回の訪問を振り返って、そう言えば一度店頭に立っていた事を、お店を離れて一息ついてから思い出した次第であった。と、言うわけで、ちょっと時間を巻き戻させて貰う。

今日も朝から暑い日で、昼時も灼熱の太陽が降り注ぐ一日であった。そんな仕事帰りの今日も夜ラで行こうと、ふと何気なく夜ならここがそう言えばあったなと、不思議な泉が湧くようにそう思った夕暮れ時だった。

あらかじめ新松戸周辺にあるラーメン店が判る、地図をプリントアウトしてあったので、迷う事なくと言いながらも、ちょっと迷って店頭に到着した(おいおい)。

場所はマツモトキヨシ本社のすぐ隣りで、そう言えば以前も何かの用事で来たけど、あれは何故だったかと思うほどに何年も前でこの暑さもあり、つい一時的に忘れていたのだった。

だからこそ漠然と「夜ならやっている」と思った様だが、店頭にあった雑誌の切り抜きに営業時間等が表示されており、それによると昼間から営業しており、どうやら以前来た時は臨時休業のようであった。

店頭には幾つかのセットメニューが案内されていたが、これだというものがなかったので、その気持ちのまま店内へ入って行った。

店主の快活な挨拶に迎えられ、思わずミニチャーシュー丼見たいなセットがあれば良かったけど、どうしようかなとつい思っていた事を口にした私であった。

すると店主が、それでは券売機の750円のセットメニューボタンを買って来れれば、ラーメンと一緒に見合ったチャーシュー丼を作りましょうと有り難いお言葉。

思わず深く御礼を申し上げつつ「このボタンですね」とタッチし、出て来たチケットを店主に渡してお願いしたのであった。

そんなやり取りの後で、豚骨か鶏ガラかと、細麺か太麺かを選べるそうで選ぶ事になり、夕暮れ時でも蒸す暑さもあり、そんな感じからあっさりで行きたくなり、思わず鶏ガラの太麺でお願いする事にした。

店名が格好いい店名ですねと店主に告げると喜んでくれて、由来をお尋ねすると、韓国の現代自動車からこの店名を思いついたそう。程なく到着。

おお、到着したそのラーメンは、風情の良さそうな中太平ちぢれの麺が見え隠れし、鶏の脂のたまらない香りが、湯気に添って迸りこれはかなり美味しそうだった。それではと口にすれば、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。

何ともこれぞザ・ラーメンだ、と言う良さがあり、チャーシューがまたとんでもなくうまい。中太平ちぢれの麺もいい感じで、やはり鶏の脂感が素敵なラーメンであった。

ミニチャーシュー丼も、そんなチャーシューによるものだから感動的な美味しさで、そこにゴマラー油に白髪ネギでさっぱりもしていて、茹だるような暑さにまた良かった。気が付けば完食。こうなると豚骨スープも気になる所だが、無化調かと聞かれれば何れにしても良い風情のラーメンと言えた。

良かった旨を告げ店主にお礼を言い、ドンブリ等の食器をカウンタトップにトレーごと置き、台拭きでテーブルを一拭き。挨拶してお店を後にした。

頭上からセミの鳴き声が、大きくこだましていた周辺。そう言えば臨時休業で、フラれたあの日も、茹だるような暑さの夏の日だった。

(左フォト) 鶏がらラーメン/ミニチャーシュー丼/マツキヨ本社隣りのこちら (2009.07.29)


 ラーメン 現代 (げんだい) ※2015.9.3現在営業中確認済み

 住所:千葉県松戸市新松戸東8-1  定休日:不定休  営業時間:11:00〜翌1:00

 アクセス:JR常磐緩行線他新松戸駅下車。改札を出たら右手へ行き、突き当りを右へ行くと線路
       の向こう側へ出るトンネルがありそれを潜る。潜ったら左へ曲がり、道なりに進んで行く。
       途中から階段となり更に進む。階段を上がりきると左路地があるのでそこを入って行き、
       道なりに進んで行くと車道に出てその場所辺りにあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP