らーめん食べ歩き 
 がいこつ軒@埼玉県八潮市・八潮 ※閉店

2006.05 市役所・中央公園そばのお店。
2006.05 店頭に山積みの麺箱。

2006.05 レトロ&ポップな店内。

2006.05 塩チャーシュー

2006.05 中華醤油つけめん(麺)

2006.05 中華醤油つけめん(汁)


アクセス

つくばエクスプレス八潮駅下車。東武バス八潮団地行等に乗り、若柳交差点停留所の次の若柳停留所で降りて進行方向に進み、突き当たり八潮市役所の手前右側、八潮市中央1-5-11。
定休日 月曜日
営業時間 19:00〜1:00
公式HP http://m-pe.tv/u/page.php?uid=gaikotsu0303&id=1※相互リンク


 ※2006/07/29現在 夜営業のみ

もう何と言えば良いのか、おいおいと言うしかない店名である。すかす、その店名がゆえ、吸い寄せられてしまったのだった。そんな浅草開化楼の麺のお店。

ネットで店舗外観だけを見ると、市内外れの街道沿いにでもありそうな雰囲気だが、市役所そばの市内中枢機関の集まる地域にあった。お店の前には、緑豊かな八潮中央公園もあったのだった。

丁度スキンヘッドの店主らしき方が、バイクで食材を搬入されていて、思わずご挨拶をする。この時開店40分前で、しばし目の前の公園で森林浴の人となるのだった。開店時間近くになって店頭に立つと、店名がやはりインパクト大。血がしたたる様な表現を、ペンキでしてありグロテスク。

何故か手形があるのが笑える。そして目を下に降ろすと、「まずけりゃお代は結構」と生半可で無い事や、「この道28年」とプロジェクトXしてるインフォ(おいおい)。

奥様らしき方に店内へ引き入れられると、外観とは対照的に、レトロな調度品で飾られた店内が広がる。メニューから塩ラーメンをお願いして、後からチャーシューのせにして貰う。

東京・千住の中華店で生まれて、何と親の教育で小学三年生の頃には、お客さんにラーメンを提供したらしい。これは、おそるべしな方。この道28年とはそういう事だったのか、だった。

その後こちら界隈に引っ越して来てから、独立して自分のお店を開業させたそう。何も失うものが無い事から、がいこつとしたらしい。ダシスープが入った大きいズンドウは上が開いた布袋が入っている。おお、チャーシューを炙ってる炙ってる。程なく到着。

いやいや、これは旨そな塩チャーシューなのだった。口にしてもなかなかの白濁したスープで、後追い感無く、すっきりとした味わいを持つもの。野菜が自然に甘く、チャーシューは大振りにして、良いトロトロ感が支配している。麺は中太平ちぢれで、こだわった特注麺。気が付けば完食。

この際だしと、中華醤油つけめんもお願いして食したが、こちらもビジュアルさえ大切にした、一味違う中華店の醤油つけめんを堪能できた。

一見アブノーマル系的なラーメン店だが、東京の下町に根付いた中華店の基礎がしっかりとあり、なおかつそこにプラスアルファのある、美味しいラーメンが提供されていたお店だった。いや、良かった。

(2006.05.17)


喜劇らーめん食べ歩きTOP