我馬らーめん 千葉・津田沼



夏色が失われるどころか肉付けされている感覚になる程に高い摂氏と湿度が続いていた、本日も朝からエアコンが必要となった9月上旬の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、秋虫の鳴き声が鳴くものの、それが生ぬるい夜風に運ばれて聴こえて来た午後8時近くだった。

時に千葉が勤務先となって、結構しばらく前から実はこちらにも行って見ようと思っていた。

結局津田沼駅前に出来た裏我馬らーめんと以前から訪問を考えていた姉妹店の四街道駅周辺にあるがば丸に行った後で、そう言えばとなって立ち寄ることにした。

そんなわけで総武線電車でまた津田沼で途中下車して、新京成電鉄新津田沼駅へ向かう場所の途中に在る久しぶりのこちらへやって来た。

相変わらずのなんとも言えない趣のある建物のこちらだ。店頭にはがば丸でも見掛けた、林家製麺の麺箱がさりげなく置いてあった。

さっそく入店するとたまたまだろう、先客の居ない店内が広がっていた。券売機の前に立つと、季節限定としてイタリアンバジルつけ麺と、スパイシーカレーつけ麺なるメニューがあった。

しかしふとこちらの魚介系つけ麺で行って見たくなりそのボタンを選択。店先にあった大盛無料のインフォに、そこは迷わずそうお願いしてからチケットを厨房側におられる方に手渡した。

その後に後続客が続いたと思っていたら、オーダーしたつけ麺が着く頃には席が少ないこともあってほぼ満員の店内となった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、オリジナリティ豊かな味わいだが豚骨の風味に醤油の風情もよろしくなかなかの立ち上がり感が素敵なもの。

太麺もいい感じで、つけ汁に沈む味玉とチャーシューも好みな仕様と言えた。気が付けば完食。いや、こちらの魚介系つけ麺もまた、なかなか何とも結構実に良かった。


(左フォト) 味玉つけ麺サービス大盛(汁・麺) (2012.09.05)


 我馬らーめん (ガバラーメン) 津田沼店

 住所:千葉県習志野市津田沼1-10-41  定休日:無休  営業時間:11:00〜翌2:00

 アクセス:JR総武線津田沼駅北口下車。ロータリー奥右手の道を新京成電鉄新津田沼駅に
       向かう道路を進んで行った左側にあり。



  2012.09.05 位置的には新京成電鉄新津田沼駅寄りにあり。   2012.09.05 向かい側には大きな遊戯施設あり。





今日は、デジカメも待たずに出掛け、らーめんを食す予定も無かった日。所用があって出掛けたが、結局ランチ時は寒い事もありラーメンという気になり、所用先から近い事もあり一度だけ来た、こちらへまた入ってみようと入店する事にした。

正午を過ぎて、もうすぐ午後一時という頃に店内へ。先客2名と比較的空いていた。左手に券売機があり、見ると醤油味以外に、味噌と塩もある。味玉醤油らーめんを選び、右手の側面の一席に腰掛ける。程なく到着。最近機種変更した、新しいケータイで撮影。

おお、何ともボリュウムが良いラーメンで美味しそう。以前は溶けていた背脂が、溶かさずに入っており、口にすると前回感じた煮干しが、鰹節が多めに感じる所為なのか、殆ど煮干しを感じない仕様に変わっていた。

麺は太平ちぢれの多加水麺。総合的にどうかと言うと、味のバランスも良く、味玉もトロトロになっており、損をした気にはさせない、満足の行くラーメンであった。

帰ってからネットで調べると、味噌らーめんが好評の様で、船橋競馬場近くにも新しく支店がオープンしている模様。 いや、なかなかとても良かった。

(左フォト) 味玉醤油らーめん/店舗外観 (2008.02.01)


自掲示板に、こちらのお店の名前をお書き込み頂き、気になる所となった。店名をネットで調べると、博多一風堂系のお店がヒットしたが、津田沼には支店が無く違うかも知れない。そんな訳で総武線電車に乗って、津田沼駅で下車。

新京成電鉄新津田沼駅へ向かう途中の、通り左手にそのお店はあった。見ると先述のお店のロゴデザインと違っていて、券売機に列記されているメニューも、その内容が違っていた。

ちゃーしゅーめん880円を選び、10人も座ればいっぱいのカウンタ席左寄りに腰掛ける。券を渡すときに油の量を聞かれて来たので、少なめでお願いする。ネットで見たお店を印刷してお店の方に見て貰ったらやはり違うそうで、三咲の方に本店があるお店らしい。程なく到着。

湯(スープ)はどちらかと言えば新鋭大勝軒風の感じと言うか、神田駅前の大斗さん風で、定かでは無いが七福神さんと縁があるのだろうか?透明豚骨に醤油ダレ多めの分甘み抑えめで、背脂を溶かして油に使用していて違うシフトではあった。

麺が特別仕様なのか店頭に店名が書かれた麺箱が積んであり、中太平ちぢれでやや固めで丁度良い感じのもので好きになれた麺であった。チャーシューも良かった。

総括的には、東京からわざわざ行く程では無いが、市川くらいから行くなら損は感じないラーメンだった。なお掛け声は居酒屋チェーン系に負けてなかった事も付け加えておきたい。なかなかだった。

(2005.05.01)