博多風龍 秋葉原店
東京・秋葉原 ※閉店





低く白い雲が青空を少し隠すものの、台風の置き土産のような強い陽射しが、秋葉原の高層ビルを照らしていた、九月・長月初頭火曜日の朝だった。果てない空は、スカイブルーの環。

そんなわけで今日からまた本社勤務となり、都会の雑踏が懐かしくさえ思えるなか、中央通り沿いにあるこちらの店頭へ到着した。

おお、渋谷名店の路地の入り口でも見かけた黄色を多用して目立つ店舗で、その時から気になっていたお店のこちらだった。

秋葉原店のその場所は、沖縄そばを提供していた「まーさぬやー」さんがあった場所だ。つい一ヶ月ほど前の8月7日にオープンして営業しているらしい。

なんと500円のとんこつらーめんが替え玉二玉まで無料だそうで、おそるべしな価格破壊と言えた博多ラーメン店である。

とは言え実際の麺量や、その味わいを確認しない事には、何と言う事で、秋葉原へ戻って来た初日に早速やって来たわけだった。

入り口は壁のないオープンスタイルで、やはりそこからも都内にずいぶん昔から営業している博多天神さんを思い出した。

実際そこからこちらに店名が変わったお店もあり、関係ありそうに感じるが定かではない。

厨房には三人近くおられ、店頭では二人が呼び込みをしながら容器下げもしていた。そんな中を入店して券売機の前に立つと、背中から何人もの声が刺すような勢いで挨拶言葉が投げられた。

一番目立つ券売機左上を見ると、明太子ご飯が付いた、とんこつセットと言うのがあり、思わずそれを選んだ私だった。

そして振り返ればお店の方が待ち受けていて、その方に券を手渡すと、右手から二番目の席に促されてそこに腰掛けた。

カウンターには、辛子高菜・すりおろしニンニク・紅生姜などが、美味しそうな無料トッピング食材として整然と並んでいた。

また隣り駅のJR神田駅前にも、8月25日からこちらの神田店が営業しているインフォが成されていた。程なく到着。

いやいや、650円で二玉まで無料の明太子ご飯付きとんこつセットと言うから、そこそこのご飯にそこそこの麺量かと思ってしまうが、然に非ずの内容量であった。

白米がしっかりと盛られ明太子も大きめで、スープに泳ぐ細ストレートの麺量がまたなかなかと言え150g強と言う感じ。おそるべし、博多風龍さんだった。

それではと行かせて貰えば、関東に古くから根付く九州とんこつスープで、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い。後半になってから、辛子高菜を入れて、違う味わいを楽しむ。

博多天神さんがスープに重点を置くタイプで麺量も及第点なら、こちらはそのスープが及第点でありつつ、ウマ調系だと思うが違和感なく、ボリュウムのいい麺量が戦略と言う感じがあった。

ともあれ気が付けば麺が消え、無料ならばと替え玉をお願いすれば初回分とほぼ同じ麺量で、さらにもう一玉まで無料とは、やはりおそるべし博多風龍さんだった。

そんな状況ながらも、気が付けば完食である。替え玉二玉まで無料の、ワンコイン博多とんこつラーメン、アキバに見参であった。いや、良かった。


(左フォト) とんこつらーめん/セット明太子ご飯/店舗外観 (2009.09.01)


 とんこつらーめん 博多風龍 秋葉原店

 住所:東京都千代田区外神田3-15-6  TEL03-3255-9666  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:平日・土曜11:00〜翌3:00◆日曜11:00〜20:00

 アクセス:JR秋葉原駅電気街口下車。中央通りを末広町方面へ向かって五分程歩いた左側。
       秋葉原周辺拉麺MAPはこちら



  2009.09.01 卓上調味料は、カウンターで貴方を待つ。   2009.09.01 替玉は二玉まで無料!



喜劇らーめん食べ歩きTOP