福萬年 東京・末広町





曇り気味の天候からか、やや気温が上がっていて、淡い桃色の桜の花弁も緩んでいた、三月も最終日の火曜日の朝だった。

そんな今日は、そう遠くない某店へと思い、歩いているとランチタイムのいい時間もあり、六人近い外列が店頭に見え、おそるべしだった。

直ぐ近くに、その存在は前から気がついていて、その内にと思っていたこちらがあり、幸い未だそれ程の混雑では無かったので、それではと本日入店する事にした。

とは言え店内へ入れば、こちらも負けじと盛況で、精算係の方がそれをこなしながら、席の場所のご案内を受けてそこへ着席。

メニューから店頭でも案内されていた、湯麺と表記されているタンメンと、ミニ炒飯がセットになって、デザートも付くらしい、店長おすすめともあるEランチ840円をオーダー。

壁は白く清潔感があり、天井は紅く鳳凰の金色の浮き彫りが規律よく並んでいて、大変ゴージャスな雰囲気を醸していた。1994年(平成6年)に創業したお店で、神奈川・辻堂にも支店があり、秦野には姉妹店もあるお店らしい。程なく到着。

おお、これはビジュアル的にも、そそられるものがある、タンメンのランチセットで美味しそう。それではと行かせて貰えば、それはもう、いやいやいやいや、実に美味い美味い美味い美味い。

野菜が多めに入ってボリューミーでもあり、更に細切豚肉そばでよく見る肉も結構な量があり、塩気感はシャープな切れ味で、やや薄味にも取れるスープは至福感が訪れる美味しさ。そして麺は、極細ストレートなるも、コシが豊かで風味も良い麺で、これはかなり美味しいタンメンと言えた。

濃い味のラーメンを提供するラーメン店ほど、店頭や店内は喫煙者ばかりだが、どのテーブルも置いてある灰皿は、たまたまかも知れないが綺麗で利用されておらず、なるほどと言う所だった。

チャーハンもまた薄味だが大変美味しく、デザートとあって来た杏仁豆腐も、名ばかりのもので無く、これまた大変美味しいデザートであった。

気が付けば完食。価格で勝負の中華店に対して、久々に価格もそこそこで、味にも力が注がれていた、本格的な麺類が味わえた、中国料理店であった。

帰宅後に、公式サイトにある創業者の方の経歴を見れば、なるほど美味いわけだ、と思わず痛快に納得出来た。いや、ズバッと、良かった。

(左フォト) 湯麺(タンメン)/ミニ炒飯&杏仁豆腐/店舗外観 (2009.03.31)


 中国料理 福萬年 (ふくまんねん) 上野御徒町本店  ※公式サイトはこちら

 住所:東京都台東区上野3-7-1 定休日:日曜日 営業時間:11:00〜23:00 ※土曜日〜21:00

 アクセス:東京メトロ銀座線末広町駅下車。中央通りを上野方面へ進み、一つ目の信号を右折して
       しばらく歩いた左側。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら

さりげない、白亜の白壁。 見上げれば、真紅の天井。



喜劇らーめん食べ歩きTOP