らーめん食べ歩き 
 博多長浜ラーメン福福@千葉県松戸市・松戸

2004.03祠が裏口左にあり神々しい。
2004.03チャーシュー麺


アクセス

JR常磐線松戸駅西口ロータリーから伸びる道を直進して、一つ目の信号のある交差点を右折して少し歩いた右側。徒歩およそ3分、松戸市本町16-5。
定休日 無休
営業時間 11:30〜14:30/18:00〜1:00


灰色のどんよりとした雲からは、無数の雨粒。コートへ無意識に手が伸びる寒い朝。桜のつぼみもさみしそうな、世間は祭日の週末土曜日。会社が終わる頃には雨もあがり、比較的空いた常磐線快速電車で松戸に向かう。

昨日、二郎を出て江戸川の土手へ行こうとすると、すぐ近くの昔映画館だった場所にあったラーメン店が紹介する前に閉店しており、こちらの九州トンコツラーメンのお店がオープンしていた。

ふと、換気扇からか匂いが流れて来たのだが、それが何とも言い難いトンコツのインパクトのある良い芳香であったのだった。これは気になるぞと、帰りがけ松戸に向かった訳である。

電車から、「玉三白玉粉」の看板が見えて来るとまもなく松戸である。別の言い方が出来ないのか、と言われそうである。到着すると、やはり得も言われない芳香が出迎えてくれる。表通りと裏通りと入口が二つあり、裏通りから入ったのだが、見ると小さな祠があった。

中に入ると、うなぎの寝所の様な広い店内で、厨房も広く中にはお二人がおられ、外にレジ係としてお一人がおられた。数人の先客。メニューを見て、チャーシュー麺850円をお願いする。博多ラーメン専門店で、追加トッピングや、サイドメニューが豊富にあった。程なく到着。

湯(スープ)は結構トンコツ臭いのかと思ったら、それ程でも無く、濃厚トンコツ仕様でありながら、それに負けない味つけで、それでいて濃過ぎるという事は無い、何とも絶妙さ加減がたまらないもの。

麺は九州替玉仕様の、なかなかの極細ストレートでこのスナック感覚を強めた感じが好きになれ、替玉120円もお願いして食した。チャーシューも結構良かった。後半、目の前にあった白ゴマと紅ショウガを入れる。スープを飲み干すと、トンコツかすらしき顆粒状のものがわざとなのか、結構多めに沈んでいたのが現れた。

今までの濃厚トンコツの中では結構好きになれたラーメンであった。ただ、ここまで濃厚トンコツだと好き嫌いがはっきり分かれそうな所である。お店は九州に本店がある訳でなく、こちら一店舗のみだそうである。

(2004.03.20)


喜劇らーめん食べ歩きTOP