サッポロラーメン えぞ菊
東京・御徒町



水蒸気が手の平で青空を覆い隠すように広がるものの、指の間から見えるように青空が時折り陰っては梅雨明けしていないことを思い出させた七月文月半ばの火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、それほど気温も高くはないものの、湿度が軽く感じられて一駅乗車した山手線電車の冷房が心地良かったそんな午後七時過ぎだった。

昨日は帰りがけ墓参りもしていたら大汗をかいてしまい、行きに花と線香を購入した参道の茶屋でこれはたまらんとかき氷に舌づつみを打った。その後帰宅して冷房をかけて寝たのが悪かったのか、本日は何ともやや不調の一日となってしまった。

昼を過ぎた辺りからだろうか、そうした所為もあって自分がこちらの味噌ラーメンと餃子を欲していることに気づかされた。

本来は違うラーメン店の予定だったが、こうなるともう今夜はこちらとしか思えなくなるもので、そんなわけで御徒町駅に降り立ちまっすぐそのおよそ一年ぶりとなる店頭へやって来た。

実は先日御徒町駅前に出来たユニクロで買い物したばかりの周辺であった。さっそく入店すると、そこそこに盛況なフロアが広がっていた。

中ほどのカウンター席に腰掛けて、味噌ラーメンと六個入りとなる餃子も予定通りお願いした。店頭でも確認出来たがメニューの中に、餃子三個と味噌・塩・醤油のラーメンが選べる950円の餃子3コセットがあった。

こちらに来てから知ったメニューだった。しかしそれは平日のみで午後七時で終了する案内があり、出来ればそれにしたかったが叶わぬオーダーだった。

またシンプルまかないメニューと謳うものもあり、それは夏季限定らしきつけ麺の提供メニューで、ざる麺とネーミングされていた。

ふと見るとお笑いタレントの出川哲朗氏の顔が映る、焼き海苔がカウンタトップに置いてあった。同タレント氏の実家が経営している横浜つた金と言う海苔問屋のブランドのようだ。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、不調の所為なのかいつもと違う味わい。ともあれ餃子も美味しく、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に素敵で良かった。

(左フォト) 味噌ラーメン/餃子 (2014.07.16)


 サッポロラーメン えぞ菊 御徒町店 (えぞぎく おかちまちてん)

 住所:東京都台東区上野5-20-4  TEL03-3836-9093  定休日:年中無休(年末年始は除く)

 営業時間:平日・土曜11:00〜翌5:00(4:30LO)◆日曜・祝日11:00〜翌4:00(3:30LO)

 アクセス:JR山手線御徒町駅南口下車。中央通り寄りガード下の道を秋葉原方面に少し進んだ
       左側のガード下。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら



シンプルまかないメニューと謳う夏季限定らしきざる麺。

元気のりのりボクは波乗り、つた金の焼き海苔だそう。

今夜の店舗遠景。
↑2014.07.16/↓2013.08.18

御徒町駅前の松坂屋パークプレイス24は駐車場。

創業四十年、変わらぬ味。

JR御徒町駅南口から少し歩けばこちらだ。







-------------------------------------------------------------






爽やかな青空から爽やかなやや強めの南風が街を駆け抜けて、また陽射しが夏の顔を表出させていたそんな八月葉月後半週明けの日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、気持ち涼しい夜風が日暮れた夜空にそよいでいた、そんな午後七時過ぎだった。

ここ最近上野駅界隈が続いたこともあって、ふとこちらの味噌ラーメンと言う気分になって仕事帰り訪れることにした。

と言うわけで今夜はJR御徒町駅で途中下車。南口の目の前は広場が出来て、パーキングビルの松坂屋パークプレイス24が異彩を放っていた。

少し歩けば、青葉・中本・六角家が入る御徒町ラーメン横丁が目と鼻の距離にあるそんなこちらへ到着した。以前に高架躯体耐震補強工事が行われて、それを機にリニューアルを果たした御徒町店だ。

店頭を軽く撮影しつつさっそく入店すると、日曜日の夜もあってか先客ゼロの店内に、お店の方が厨房に三人おられたこちらであった。

昭和43年創業のこちらだが、「創業四十年変わらぬ味」と言う案内が目を引いた店内だった。メニューを見てそこから味噌ラーメンに餃子も一緒にお願いすることにした。

一時期は店舗が増えたこちらだが、あれからかなり変化があったようで、千駄木の動坂店と駒込店は既に閉店してずいぶん経っているようだ。

そして昨年の10月28日だが、なんと早稲田の明治通り沿いにあった本店が残念ながら閉店している。時代は常に老舗店に厳しいことを、再認識させる出来事だと言えそう。

創業四十年の案内のフォトには「プロ10訓」なるスローガンが映っていて、それをよく見ると「プロは仕事に命を賭ける人」と始まっていた。

平日の月曜から金曜までの開店から夜七時まで、味噌・醤油・塩が選べるラーメンに餃子三個が付いた人気餃子セットが900円で楽しめる。

また生中ジョッキ450円と餃子450円をセットでオーダーすると900円が800円になって、生中ジョッキが二杯目から50円引きになるようだ。

ちなみに閉店時間が日曜と祝日のみ、いつもより1時間早く閉店するように変わっていた。また入店した時は先客の誰一人居ないフロアだったが、その後あれよあれよと半分以上の席が埋まって行った。程なく到着。

それではと行かせて貰えばそこはもう、えぞ菊のえぞ菊たる味噌ラーメンであり、他のどの味噌ラーメンチェーン店の味噌ラーメンよりも満足感を感じることが出来るもの。

チャーシューはもちろん美味いし、ほっくりとしたモヤシが良いボリュームを与えていた。ワカメがよき時代を彷彿とさせて、メンマがさらなるボリュームを加えていた。

餃子がまた肉餡がぎっしりと詰まっていて、それはもうかなりとんでもなくとても旨かった。気がつけば完食。たまに無性に口にしたくなる味噌ラーメンだ。

本店となっていた店舗が消えてしまったのはとても残念だが、こうして味噌ラーメンを味わえることが出来て大変良かった。

こちらと早稲田の戸塚店は、従来通り今後も営業して行くようだ。ハワイとカナダの店舗はどうしているのか、お店の方に聞き辛いし海外だけに知る由もなかった。精算を済ませて外に出る。

夜空を見上げると、明るい周辺をさらに月が明るくさせていた周辺であった。いや、かなりとんでもなく実にとっても良かった、創業四十年変わらぬ味らしい味噌ラーメンと餃子であった。

(左フォト) 味噌ラーメン/餃子/月夜の店舗遠景 (2013.08.18)


見上げれば青空には小さな雲がほんの少しだけ浮かんで、あっと言う間に過ぎたシルバーウィークから、また元の勤労に勤しむ日々が戻って来た九月下旬木曜日の朝だった。

そんな今日は同行営業の日で、昼頃は御徒町方面に出掛けた。御徒町といえばと言うことで、すぐ様こちらへ訪問する事を思い立った。

昨年5月に訪問してまもなく界隈に用事があって歩いていると、こちらの店舗が跡形も無くなっていて、跡地の前で呆然としていた事があった。

いや、そんなまさかと目を疑ってそばに近寄れば、JR東日本による高架躯体の補強工事の為に一時閉店とのインフォがあった。

そこには約1年後に再開ともあり、かくて丸1年にも及んで御徒町に「えぞ菊」が無い日々が続いた。そんなこちらだったが、御徒町一時撤退の影響もあってか、新しい店舗が駒込に開店していた。

西早稲田に本店があり、そのすぐ傍に戸塚店、千駄木の動坂店、駒込店が増え、そしてこちらを入れて国内は5店体制となった。そこにハワイが7店とカナダが2店も入れると、14店舗もあるこちらであった。

長い工場研修期間中の7月5日に営業が再開されたようで、今月始めから外回り営業が始まり訪問の機会を狙っていた。そんな訳で新しい店舗となった店頭に到着。

おお、新しい外装に、店内がやけに広そう。また以前のようなオレンジ色の看板が掲げられ、よく見ると「昭和四十三年創業」の文字が加わっていた。

真新しいカウンターに、真新しい椅子に、真新しい壁面。そして、数多らしい常連客の方々で、店内は盛況を極めていた。

一番奥の席に案内を受けて先客の後ろを歩いたが、体を横にする事なく進め、以前は擦り抜けるのが大変だったのが嘘のよう。

同じ場所で再開だけに広さは変わらない筈だが、客スペース厨房スペースどちらも広くなっている気がする。それとも厨房を狭くしたのか、それともデッドスペースがあって活用したのか謎が謎を読んだ。

それにしても久々の、えぞ菊さんである。オーダーは何の気なしに、味噌の大盛に決まった。しばらくして、厨房から懐かしい味噌の香りが、フワリと来た。程なく到着。

おお、いかにもな味噌ラーメンで、いかにもえぞ菊さんらしいビジュアル。それではと行かせて貰えばそれはもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

まさしく秘伝と言えるまったりさが絶妙な味噌スープは、ラードたっぷりの札幌味噌とは一線を引く関東受けする美味しさの味噌味だ。

ツルッとした弾力のある太麺にもファンが多く、四十年の歴史にさえも後光を感じてしまいそうだった。北海道札幌市「味の三平」大宮店主が昭和29年頃に完成させたと言われる味噌ラーメン。

昭和26年頃には炒めた野菜を入れる事を思いつき、その頃から味噌ラーメンの試作が始まり、納得できる味が出来たのが昭和29年頃と言われる。

その味噌を入れたラーメンは、それほど待たずに東京でも提供されるようになり、様々な味噌味が広まって行った。それでも味噌と言えば、札幌のイメージが外れる事は無かった。

そんな中でこちらの味噌ラーメンも、明日の信頼と共にアスター(蝦夷菊)と言う名の花が咲いて行ったのであろう。

麺量のボリュウムがまた良かったが、そこはやはりこの美味しさだけに、気が付けば完食となった。やっぱり良かった美味かった、えぞ菊さんの味噌ラーメンであった。

(左フォト) 味噌ラーメン大盛り/店舗外観 (2009.09.24)

※以下は高架柱補強工事前の旧店舗時代。



昨日の雨が小康状態となったものの、その雨の所為か気温の下がった金曜日。曇り時々小雨。

勤務地が末広町界隈となり、そう言えばJR御徒町駅にも近いと言う事で、ランチタイム時に早速歩いて見ると、JR秋葉原駅迄とそう大差の無い距離だった。

そんな本日はラーメンらしいラーメンで行きたくなったこともあって、本日は久々こちらへ雨の中を入店する事にした。

ひと昔前のラーメンと言えばサッポロラーメンで、こんな風によくカタカナで店頭の看板にあったものだ。こちらは、西早稲田に本店と支店1店舗があり、最近リニューアルしたらしい千駄木にも支店がある。

そして相変わらずグローバルなラーメン店で、現在ハワイに6店舗とカナダに2店舗、そしてロサンゼルスに1店舗の支店があるお店。

店内に入ると、やはり変わらない人気のラーメン店。奥の空いた席に腰掛け、本日はあえて以前食した塩ラーメン700円を、野菜大盛り増し100円でオーダー。

平日の午後二時頃まで、茶碗一杯のライスが無料と言うサービスがあり、もちろん確認時にそれをお願いする。程なく到着。

これがまた旨そうなビジュアルが、ババンとしたもの(って何?)。こちらは煎られた白ゴマが振りかけ放題で、そこはやはり健康にも良いと言う事で振りかける。

それではと口にすれば、やはり完全無欠と言える程に、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。まだ舌が未熟だった頃が恥ずかしくなる。

そんな事もあり大袈裟かも知れないが、香味野菜がしっかりと馴染んだスープは、世界を唸らせるパワーがみなぎるもの。

麺を知り尽くしたお店が提供するその麺は、しっかりと、そしてたっぷりの湯に泳がせた中加水ちぢれで、これがまた何とも素晴らしいもの。

ボリュウムもやはり良く、ライスもこちらは、これがまた美味しい。もちろんライスにも白ゴマを振りかけ、さらに豆板醤も適量入れて楽しむ。

やはり何事も、適量が大事。気が付けば完食。やはりズバン!と、良かった、旨かった。

(左フォト) 野菜増し塩ラーメン/店舗外観 (2008.05.30)

味噌、醤油が良いなら塩も良い筈である。一慨に言えないが、とにかく食べて見ようとこちらへ入店することにした。

今日は比較的空いていて、塩ラーメンに追加トッピングで野菜とチャーシューをオーダー。程なく到着。体調の所為かも知れないが、やや短調に感じてしまった。サービスライスあり。

(2004.07.01)

やや、また寒くなって来た感のある、空はどんよりした日曜日。目を地面に落とすと、よもぎが青々と茂っていた。朝は、やや軽食気味。一昨日はそれで壮絶を極めたが、今日は、こちらの味噌が恋しくなったので、また一駅乗って今日は御徒町。味噌チャーシュー大盛に、野菜増し1100円をお願いする。程なく到着。

さすがに許容範囲内の盛りに、胸を撫で下ろす自分がいたりする。それでも、野菜の盛りは二郎を彷彿とする所があり、なかなかの盛り加減。麺が中太で好きな仕様。西山に似ている様で、どこか違う感じ。目の前にお店の方が来られたので、「麺は西山さんですか?」とお聞きすると違う様で、違う所を教えてくれた。親切である。最後のスープ一滴まで飲み干す事が出来て良かったのであった。やっぱり旨い。

(2004.05.23)

朝、ぼんやり、それはぼんやりと目覚めると、風きり音が聴こえて来た。強風の様だ。京風では無い。なるほど、昨日の天気予報の通り、今日は寒そうである。本八幡駅総武線ホームに上がると、電車がしばらく来ていない状態だった。構内アナウンスを聴くと、線路にタコ焼き屋台が落ちたそうである。おそるべし、タコ焼き屋台である。ラーメン屋の屋台だったらドンブリが割れて散乱して来る電車が、も少し遅れるのか想像していると電車がホームに滑り込んで来た。単にそのビニールが落ちただけという情報もあり定かでは無い様子。

今日はここの醤油で、食べて見たくなり入店。相変わらず盛況な店内である。ニンニクが店内の匂いを圧倒している。座ろうとすると、「はいお兄さん何ラーメン」と来たので醤油チャーシューでお願いして、「あ、大盛で」と付け足した。厨房がよく見える席で、大量のモヤシを北京鍋で炒める所から始まる。その後ダシスープでよく煮て、ニンニクを結構入れている様である。ダシスープをズンドウに戻して、そして流麗な麺さばきで、きれいに丼へおさめて行く。モヤシが多めに乗り、出来上がって行く。到着。

ニンニクが別の野菜の旨みと融合され、見事に旨い。麺も本当に好きになれそうなもの。味噌の時に多少、隠れたニンニクの旨みが説得力高い。くせになりそうな味で、リピーターが多いのが肯けるお店であった。総括的にはニンニクはラーメンには、無くてはならない食材である事がよく判ったラーメンであった。大変に気合いを感じるラーメンでもあった。しょうがも入っている気がするが定かでは無い。

(2004.01.08)

朝、バス停で息が白くなる程に外気が冷えていた。落ち葉の種類も日増しに増えて行く、政権が安定して、野党勢力が台頭を見せた秋の長雨が続く11月中旬。陸路が駄目なら鉄路があるさと、また電車に乗って今日はスムーズに到着。まだ正午少し前だと言うのに店内は満席の盛況振り。カップルの後ろに立ち並んだら、一席だけ空いてお店の方から先に誘導を受け一礼して前に行き着席する。味噌チャーシューを大盛りでお願いする。

加水率が高そうな中太麺を手揉みしている。カウンタ席上を見上げるとそこにはプロ10訓の額縁。「サービスでライスが付きますが」の声。勿論お願いする。高田馬場に本店があり、ここの他に戸塚と道灌山下にも支店があり、なんとハワイやカナダ等海外にも沢山の支店を持つグローバルなラーメン店でホームページもある様だ。しばらくして到着。

スープがぬるいとおもったら、中太ストレートのなかなかの麺が熱々で、スープもすぐ熱くなる仕様。スープを煮詰め過ぎない配慮の一つの方法であろうか。湯(スープ)は味噌の後に、野菜の旨みに幾つかのスパイスと生醤油の存在を感じる気がした。チャーシューも適度な脂の量で良い食感。

完食後、お店を出る際に再度メニューを見ると「ヤングラーメン」というのがあった。帰ってから公式HPを見るとそれは若者向けに通常の二倍の量のラーメンらしい。学生ラーメン見たいなものだろうか。これだと若者で無くても食する事が出来そうで粋な配慮である。

(2003.11.11)