喜劇らーめん食べ歩き・番外編
 
 ENOTECA I PRIMI GINZA (エノテーカ・イ・プリミ・ギンザ)本八幡店 【イタリア料理店】※閉店
アクセス JR総武線本八幡駅北口下車。市川寄り通り沿い駅近く、市川市八幡3-6-1プリームスクエア本八幡2F。
定休日 不定休
営業時間 11:30〜23:00(LO21:00)
公式HP http://www.ep-tokyo.com/iprimi/motoyawata/index.html


 やはり何と言うか、いつも箸にレンゲで食事をとっていると、たまにはフォークとナイフでコースメニューを嫁さんと楽しみたいもので、
 Dinks(デインクス)な夫婦向けのレストランを、ネットで本八幡周辺と言う事で探してみた。
 すると数年前駅近くに出来た、地上24階建てのプリームスクエア本八幡の2階に、銀座にもあるイタリアを代表する高級リストランテ
 「エノテーカ・ピンキオーリ」の、カジュアルにイタリア料理が楽しめるお店があるのを見つけた。おお何と本八幡に、そんなお店が
 出来ていたとは、である。ミシュランで三ツ星に輝く、由緒正しいリストランテの経営らしい。




ビル2F入口。左手にはくつろげるスペースあり。

















店内とテーブルにあるお洒落な調味料入れ。




 そんな訳で夫婦揃ってJR本八幡駅にバスで出て、日祭日は飲茶お得コースがある某中国料理店をひやかしつつ、こちらがあるビル
 の前に到着。入口はビル中央にあり、階段を使って二階へ上がり店内へ。案内を受け、入口寄りの席へ座る。
 ランチコースメニューが三つあり、その中の「市場からのコース」にして、パスタも三つの中から選ぶ。
 内容はこんな感じ。

 季節の前菜  本日のパスタ(ハーフ)  メインデイッシュ  デザートとソルベ  珈琲




生ビールと季節の前菜。

















パンのバスケットとハーフパスタ。




 パンが運ばれて来て、フォーク類が整然とテーブルの上に置かれる。しばらくして季節の前菜が来た。緑が鮮やかな有機野菜に、
 赤いキャベツの酢付け、ミート状のものにパンが配置され、なるほど前菜からして大変に美味しい。
 今年の梅雨前半は気温高めの様で、思わずこの時点でビールを口にしたくなり、追加でオーダーすると、ギンギンに冷えたグラス
 生ビールが来て喉をうるおす。まもなくパスタも到着。
 私のハーフパスタは、「春キャベツとベーコンのトマトソース温卵添え」で、これがまた優雅なトマトソースの表現力が豊かで、
 温卵をからめて口にすると、しっとりしたパスタの旨味が冴え渡る。もう、本八幡にいる事を忘れてしまいそう。




帆立のメインデイッシュ。

















有機野菜のサラダとデザート。



 メインデイッシュは、帆立を贅沢に使ったもの。焼き加減が絶妙で、口にすると溶けて行く様に口から消えて行く。
 バターの風味とバジルのほのかさがたまらない逸品であった。有機野菜のサラダも同時に来て、パプリカの甘味が他の苦味に
 アクセントを加えてサラダさえも一味違う素晴らしさ。
 最後はデザートとソルベで、土台の生地に洋酒をしみこませたレアチーズケーキと、酸味が嬉しいソルベ。やつぱり良かった。
 ソフトドリンクの選択肢も多く、アイスコーヒーにしたが、至福なひとときが味わえた。これで一人、税込み2310円。
 オレが唸った、カジュアルイタリア料理コースメニュー、だった(最後で来たか)。
 (2005.06.12)


喜劇らーめん食べ歩きTOP