らーめん食べ歩き 
 八幡だんちょうてー弐LDK@千葉県市川市・本八幡※閉店

2005.10店名は文豪・永井荷風から。
2005.10つけめん


アクセス JR総武線本八幡駅南口下車。市川IC近く、市川市南八幡2-16-16。
定休日 無休
営業時間 12:00〜15:00/18:00〜3:00


そんな訳で、某大御所館長情報の元、こちらの一号店へ行き一服した後、そこの後味感がとっても良かったのもあって、こちらにも行く事にした「かっぱ」心機一転のお店の二号店。

大塚店主がこちらにおられるかと思ったらおられず、新味研究で旅に出ているのかも。昼を過ぎた辺りもあって先客4、後続3。つけめんをお願いすると、大盛サービスと言う事でお願いする。

すまった、二杯目だった。 と思ったが、ここは流す。以前はトンコツ専門店だったが、一号店の醤油や塩のラーメンの他、トンコツにマー油のラーメンも取り扱っていた。程なく到着。

つけ汁はゴマに酸味とニンニクを効かせたもので、バランス的になかなかと言えるもの。麺も多加水気味の様で、面白い弾力があり、さすが浅草開化楼と言うところ。割りスープでは、しっかりしたトンコツスープが割られ、チャーシューも「かっぱ」ゆずりのもので、とても良かった。気が付けば完食。いや、良かった。

なお永井荷風は、日本文学に新風を送り、耽美派の雄として名声を上げ、後に慶応義塾大学教授となり、その後「断腸亭日乗」で、42年にも及ぶ日記を書き続け、晩年の市川暮らしについても触れている、らしい。

自ら「断腸亭」と名乗り、自分の自宅にそれを掲げていた。ちなみに、市川から浅草に通い続けていたそうで、そこらへんが大塚店主の憧れている所だそう。 おそるべし、大塚店主。

(2005.10.09)


喜劇らーめん食べ歩きTOP