大ちゃんらーめん@千葉県君津市・常代

2005.10思わず、ニャンコしぇんしぇ〜!である。
2005.10とんしおチャーシュー


アクセス JR内房線君津駅下車。タクシー等利用要、君津市常代5-4-2。
定休日 木曜日
営業時間 11:30〜15:00/17:00〜20:00


今日はまた、レンタカーを利用して出掛けた日。そんなで、房総半島中央部に位置する某店を出て、やっぱりマザー牧場の牛さんは見て行こうと思い、現地へ着くと思いのほか混雑していた。遠巻きに牛さんが見えたので「あ、見えた」って事で、こちらへ向かう(おいおい)。

ところがショートカットの道が、日祭日のみ通行止めとなっており、おいおい聞いてないよ、だった。やむなく遠回りして到着。やはり某サイトを見てから行く気になった、こちらは周辺の有名店。

午後一時過ぎ、店内に入るとほぼ満員の、やはり人気店。丁度空いた席に案内を受け、座ってお目当てのとんしおチャーシュー700円をお願いする。見上げれば店主の定位置の前なのだった。何故か、こう、目が合う。わたすの後ろに美人でもいるのか?程なく到着。

見ると先客の殆どの方が、茹で玉子を勝手にむいて食べている。何とこれが無料で、自分もむいて、ラーメンの上に置いてからデジカメでパチリ。おお、これはビジュアルは差し置いて、なんとも旨い旨い旨い。刻みタマネギに、ゆがいたモヤシが、またいい。スープが不思議な程にじんわりと来る。

で、チャーシューが変態、いや大変。自然な甘みがコク深く、なんとも贅沢な部位で感動系な旨さ。蜂蜜や果物を使っているそうで、インパクトのある個性を感じていながら、違和感を感じさせないもの。油感から麺に至るまで、愛情あふれるラーメンだった。

店主が気にされていたのは、どうやらデジカメを携えていたからの様で、世間話しも出来たのだった。どうやら最近某氏が来られた様。マザー牧場の牛さんも、組み手トレーニングの後、バレない様サングラスを掛けてポルシェで乗り付け(は?)、こちらのラーメンを食べれば感動するに違いない。いや、旨かった。

(2005.10.02)


喜劇らーめん食べ歩きTOP