らーめん食べ歩き 
 初代忠吉@千葉県松戸市・稔台 ※閉店

2005.08松平家とは、読み方も違う様。
2005.08塩白湯らーめん


アクセス 新京成電鉄みのり台駅下車。改札を出たら右折して踏切を渡り、次の交差点を右折してしばらく歩いた左側、松戸市稔台173。
定休日 月曜日
営業時間 平日19:00〜翌8:00★日曜12:00〜15:00/18:00〜24:00


某店を出て、近くの喫茶で一服。さっきから店頭を通過ばかりしていた、こちらにも入って見る事にした。JR小岩駅近くの「ねぎま家」と言う名の、焼き鳥店が手掛けるお店らしい。鶏白湯がウリらしいが、メニューは豊富の様。

午後二時を過ぎて、行きに見た時は外に待ち客もいて盛況だったが、この時間もあってか先客ゼロの店内に入る。メニューから鶏白湯らしい、塩白湯らーめん750円をお願いする。麺が中太麺と細麺どちらか選べるそうで中太麺の方にして貰う。

そして「麺茹での湯を変えますので少しお待ち下さい」と、素晴らしい対応。厨房を見ていると、チャーシューを炙っているのが見え、さすが焼き鳥屋だった。程なく到着。

それでまた、さすが店名が「ねぎま家」と言う焼き鳥屋さんだけに、鶏とネギの使い方はをよく知っている感じの鶏白湯スープで、野菜のうま味が良いところにシフトしていて旨い。中太麺は平ちぢれの、どちらかと言えば低加水気味の麺で、スープの持ち上げも良い感じ。

チャーシューが燻製風でよく炙っているから、とても美味しいものだった。焼き鳥屋さんが、鶏白湯がラーメンで流行っているのに、すかさず着目して始めた感じで、時代のアンテナをよく張り巡らした、経営戦略の推進と言った所だろか。いや、良かった。

(2005.08.28)


喜劇らーめん食べ歩きTOP