らーめん食べ歩き 
 柳麺ちゃぶ屋@東京都文京区・護国寺 ※閉店

2005.02 ラーメンの文字が無い店頭。
2005.02 らぁ麺+味玉


アクセス 東京メトロ有楽町線護国寺駅下車。飯田橋方面にしばらく歩いた右側、文京区音羽1-17-16中銀音羽マンシオン1F。
定休日 火曜日
営業時間 11:30〜15:00/17:00〜22:00


寒く感じる北風が吹くものの明るい陽射しで、青い空の向こうに春の存在を思い衝かせる、二月・如月冬も最終コーナーの水曜日だった。

サイトを初めた頃から、いつこちらへ行くかを考えていたほど人気の高いラーメン店だ。そんなわけで本日こそ行くかとなって出掛けることにした。と言うわけで、飯田橋で地下鉄に乗換え、護国寺駅にやって来た。

外に出てこちらへ向かって歩いた。一度こちらの前を通ったようで、気が付かないで通り過たらしく、やや迷歩した後でこちらを見つけた。さて?なぜ見つからなかったのか。

店頭に立つと他の店先と、何かが違っていた。なぜだろう。そしてしばらくして気が付いた。ラーメンの文字が無いのこちらだった。これはある意味、画期的と言えそう。

中へ入ると、何ともお洒落な空間が広がっていた。券売機で、らぁ麺に、味玉の券も買い、案内を受けて着席。味玉のボタンを押したつもりが、メンマのボタンを押していて、金額が同じなので口頭で変更をお願いした。

お店のほぼ中央の席で店内が見渡せる。左手に製麺室があり、ちょうど店主の森住氏がおられた。

中央奥にも区切られた、結構広い部屋があり、「あの広いところでスープを作ってるんですか?」と確認すると「そうです」と、お店の女性が教えてくれた。昨年スープをリニューアルしたらしい。原点回帰らしい。程なく到着。

スープはどれかが突出する事なく、様々な旨みが混然一体となった、どこか洋風的要素を持つ秀逸なもので、揚げネギがしつこくない程度に入り、香ばしさを演出していた。これは美味しい。

そして麺は、何とも滑らかでありながら、適度なコシを持つ、これまた秀逸なもの。具材関係も、とにかく良かった。ドンブリが面白く、縦に高いもので、一見少なめに見えるが、適度な量が収まっていた。いや、旨かった。

(2005.02.02)


喜劇らーめん食べ歩きTOP