らーめん食べ歩き 
 凡凡ハウス@東京都台東区・稲荷町※閉店

2006.04こちらも、石神本常連店。
2006.04しょうゆ唐みそ


アクセス

東京メトロ銀座線稲荷町駅周辺。稲荷町交差点浅草通り浅草寄り一つ目の右路地を入ってすぐ、台東区元浅草2-7-14。
定休日 土曜・日曜・祝日
営業時間 11:20〜14:00


うららかに、それはうららかに、春が加速して行く、四月も後半となった休日の火曜日。風が柔らかくそよいでいた。

社内の方に、稲荷町にあるお奨め店を教えて貰い、探したが見つからず終い。とは言え、そんな時の為に、いつかは行って見たかったこちらへ入る事にした。

そんな訳で入店すると、ランチ時となっていて、周辺サラリーマンの方で盛況な店内。入口に券売機があり、みそがウリだけにそれを考えていたが、ボタンに「しょうゆ唐みそ」の文字を見つけ、あえてそちらのボタンをタッチ。程なく到着。

唐みそは小さいボール状になっていて、溶かさない限りあっさり醤油のスープが確認出来る。そんなで口にすると、いやいやこうじんわりさが染み入る、なかなかのスープ。

麺は多加水の一歩手前と言う風情。チャーシューもバラロールの手作り感高いものでシナチクもいい。そして、唐みそを溶かし込み口にすると、いやいやいや、ビシッと来るその旨さ。いや、旨い旨い旨い。

で、辛い辛い辛い(おいおい)。いや辛いのだが旨さが先に来て、インパクトがあって良かった。全国でも数少ない山形ご当地ラーメンのお店らしい。気が付けば完食。

店主に良かった旨言って、麺が多加水の一歩手前と言うと、かなりの多加水にしてるとの事。おや?だった。何と自家製麺だそうで、見るとガラス越しには、あら製麺機。なるほど納得、だった。麺良く後味感も良く、いや、旨かった。

(2006.04.18)


喜劇らーめん食べ歩きTOP