拉麺 亜斗夢 千葉・市川 ※閉店





もうまもなくすれば三月弥生の、風もなく春霞たなびく穏やかで暖かな、浅春の季節が訪れていた水曜日だった。

そんな今日は就活中もあって、早めにヘアカットして身だしなみを整えておこうと、いつもの理容室へ出掛けた午前中であった。それも正午間近には済んで、これから都内に出るのも何と言う事で、本日は開業まもない頃に一度伺ったこちらへまた訪れる事にした。

正午前後の時間に入店すると20人近い収容人数のこちらに、既に10人近くの方がおられてまずまずの盛況な店内が広がっていた。カウンター席の一番奥へ腰掛けて、もりそば中盛麺量300gまで同価格と言う事で、もり野菜を中盛でお願いした。

昨年の10月に開業してから、四カ月が経過している。様々なインフォーメーションが目に付いたこちらだった。麺の茹で時間が掛かる事や、あつもりに対応するインフォがあったり、「スープ温め直し致します」の文字も見つけた。そして今では、深夜の二時まで営業しているようだ。

午後五時からは十食限定で、まぜそばを提供している模様。開店から午後三時まで禁煙タイムで、その時間のあいだは小ライスの無料サービスがあるようだ。

また晩酌セットと言うメニューもあり、ビール等と一緒に小皿に入れた枝豆・キムチ・味玉・メンマ・チャーシュー2枚の中から、2点が付く内容で590円から用意されていた。

駅から少しだけ離れている場所に位置しているこちらだが、店頭前の道路は通行人が多い事に認知度が高い東池袋大勝軒系のお店と言う事で、後続客が続きに続いてしばらくするとほぼ満員となっていた店内だった。

厨房一人に接客係一人の人数に、オーダーした時は多少考える時間よりも遅く到着してやむなしと考えられたが、逆に数分早くやって来て程なく到着。後続客のオーダー品も、そつなく到着していて、流石と言う所だった。

おお、こちらもまた海苔イカダに魚粉が盛られた、六厘舎スタイルの濃厚豚骨魚介のつけ汁だった。麺の上に茹でられたモヤシや、キャベツにスライス人参が予想より多めに乗っていて、無料の小ライスをお願いしようと思っていたが思わずその言葉を止めてしまった。

それで口にすれば市川大勝軒とネットで囁かれている事がよく判る大勝軒シフトのもりそばで、太麺の風合いもよく、汁に入っていたチャーシューもいい感じで実に美味しいもの。

前半は食べ切れるかなと思う程に、ボリュウムよく見えたが、後半はいけそうだと確信して、そうこうしながらも気が付けば完食だった。スープ割りでユズがふんわりとも来てまた良かった。

精算時には有効期限付きの1皿4個の餃子無料券を貰い、次回のラーメン注文時にサービスしてくれるらしい。色々と財布にも優しい、亜斗夢さんであった。いや、こちらもまた良かった。


(左フォト) もり野菜中盛(汁・麺) (2010.02.24)







まだ曇天模様の陽射しをさえぎるだけの雲が空を覆う首都圏周辺。深緑色のままの扇形の葉が茂る、銀杏が凛々しく続いていた並木通り。すぐ先の太平洋上は既に雨のようで、午後からの予報が芳しくなかった十月上旬週明け月曜日の朝だった。

そんな今日は一日社内のつもりだったが午後は出掛けて良いと言う事になり、そうすると何処に行って何処で食すかとなった。短い時間の中で思案を巡らしていると、こちらのオープンを知る所となった。

むつみ屋市川店の方がフランチャイズを卒業後、お茶の水大勝軒で修行して開業させたお店だそう。それを証明するかのように、山岸マスターの色紙もあるらしい。

最近駅前に高層マンションが出来た関係で周辺に外食店が続々開業しており、営業するにも打ってつけなエリアであった。

そんなわけで午後一時頃に店頭へ到着。幅広い範囲で雨が降り出していた。おお、何とも雰囲気のある店頭で、一昨日開業したばかり。

スタンド式の祝花があり、その場を盛り上げていた。大勝軒と文字が入った提灯が、店先にぶら下がっていて修業先を語っていた。

店内に入るとまだ知れ渡ってないのもあってか、そこそこの先客が入る落ち着いたフロアーだった。単独入店客と言う事でカウンター席へ促され、比較的厨房に近い席に腰を降ろす。

最近東池袋大勝軒系のラーメンの方が御無沙汰だった事もあり、丁寧な接客応対の中でメニューから味玉ラーメン大(300g)を選び、さりげなく穏便に「こってりで」とお願いした。

真新しい店内はいつ見ても気持ちが良いもの。冷水ボトルと割りスープ用ポットをお客さんが間違えないよう、プラスチック製とステンレス製の違いがあったが、文字を入れて判り易くしており、しかしそんな何気ない地道な工夫が人気店の足掛かりになるものだ。

店内の壁には太麺ゆえに茹でる時間が掛かる旨の案内があった。すぐ近くに山岸マスターの色紙も掛けられていた。

店名は手塚治虫原作の鉄腕アトムから来ている感じで、最近ハリウッドスタッフの手により製作された3DGアニメ映画『ATOM』がまもなく日本公開予定で、そう言えばタイムリー過ぎる程にタイムリーな店名。程なく到着。

おお、風情の良いラーメンがやって来た。これはなかなかのビジュアルだ。大判の海苔には、またいいカラーリングの魚粉が小山を作ってのっており、もうギョフンと言わされそうなラーメンだ。

味玉に留まらずチャーシューにメンマさえも一仕事以上しているのが見えて来そう。それではと片手にエコ箸に片手にレンゲで行かせて貰えば、それはもういやいやいやいやいや、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

極太麺はもりそばと同じ感じに太くていい感じで、動物系魚介系の程よい濃厚感のダブルスープは調和して馴染んでおり、それが麺にまたうまく絡んで来た。

魚粉もくどくなく甘みも程よく、大正解なスタイルであった。その美味しさゆえに無心で食らっていた様で、気が付けば完食となった。それにしても、美味しいラーメンだった。

その後周辺で営業して、市川を後にした。沢山他にも新店が出来ており、また来なければだった。。。

(左フォト) 味玉ラーメン大(300g)/店内メニュー/店頭外観 (2009.10.05)


 拉麺 亜斗夢 (アトム)

 麺量:もりそば 並200g 中300g 大400g/ラーメン 並200g 大300g

 住所:千葉県市川市市川1-3-8   TEL047-329-5538

 定休日:無休   営業時間:11:30〜翌2:00

 アクセス:JR総武線市川駅北口下車。ロータリーの右手のダイエー奥を右折して十字路を二つ
       越して程なく行った左側、徒歩およそ徒歩3分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP