京鰹節つけ麺愛宕 東京・新橋





ここ最近の新橋界隈は、個性をしっかりと打ち出している、ラーメン店の新店ラッシュが続いており、私も都内で一番行く場所だったりして、しばらくは新橋へ行く度に新店訪問になりそう。

そんな訳で、本日は大事な所用があったすぐ後だが、ホビーショップにも用事があり、その前の正午前にこちらへ入店する事にした。

場所はJR新橋駅前にある紳士服の青山も入るニュー新橋ビルの裏手の道を左へずっと進んで行き、左手にガソリンスタンドがある交差点を右に曲がってスグ左側の場所。ちなみにそのよく通うショップのビルの目と鼻の距離で、いつも通る道の傍で下見済みだったので迷う事なく到着。

既に人気ラーメン店の域の客の入りで盛況な店内。そんな中を入店して、すぐある券売機の前に立つ。ボタンには「柚子」とあるラーメンを選び、さらに「ねぎ飯」とあるサブメニューも、ネギだけではなかろうと思いつつ追加した。

店内は、やや狭いものの、シックな雰囲気で、お店の方は結構お若い方ばかりなのに、大変礼儀正しく単なる個人経営のお店では無さそうな雰囲気があった。程なく到着。

おお、これがなかなかなビジュアルで旨そう。具には大きめのチャーシューが横たわり、黄身がトロンとした良い感じの半熟味玉子半裁が二個。これに穂先メンマ、浅草海苔、長ネギ、生擦り刻みユズが入ったいわゆる特製中華そば仕様。

それではと箸を持ち行かせて貰えば、これがもう、旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い旨い。柚子の風味が大変豊かに香りつつも、出汁の旨みがそれに負けておらず、いい感じの鶏がらオンパラダイスなラーメン。

昼と夜で出汁に使う動物を変えている様で、昼は鶏出汁だが夜は豚出汁だそうで、店名はそのままで変速二毛作と言う、近年よく目にするスタイル。

なんて思って食していると、ラーメンスープの出汁のコクで気が付いたが、この黒を基調とした店の内装といい、京都の伝統加工食品をウリにするスタイルといい、M二代目の人気ラーメン店Tと何らか関係していそうな感じだが、定かではない。

そしてこちらが一番のウリとしている、いにしえの都と呼ばれる京都で、千年の伝統と技巧が培われている歴史が深い京鰹節を、直送して用いている様で上品でバランスの良い風味は、心が和らぐ程に大変奥深い味で、それがしっかりとスープに映っておりとても良かった。

麺は、やや低加水気味の中細ストレート麺で、ここにも柚子が映っており、「柚子を練りこんでいるんですね」と告げると、そうではないそうで、謎が謎を呼ぶ不思議な風合いの麺だった。夜の部では出汁が変わるが、麺も変わるらしい。昼のメニューは昼品、夜のメニューは夜品としていた。

また味玉子は、焙煎ゴマが入った飼料で育った鶏の卵を使っているそうで、強い抗酸化作用がある事で知られているセサミンが含んでいるらしく、これは老化防止効果にも役立つもの。さらにビタミンEが通常の卵の5倍も含有しているそうで、こちらは中性脂肪を減らし、新陳代謝を促進する効果もある。

しかも、このセサミンとビタミンEを同時に摂取すると、夫々のパワーが増す事が判明している。メタボの活字が躍る現代では、成人病予防にもなり見直されている栄養素で、健康効果もある美味しいラーメンとは、おそるべしだった。

やはり味のまとめ方も定かではないが人気ラーメン店T風で、チャーシューがまた分厚くドえらい旨さだった。一緒にオーダーしたねぎ飯も、炙ったチャーシューがもう、白米の上にゴロンゴロンと入り、白髪ネギには豆板醤も添えられ、青いネギがビジュアルを高め、これが大変美味しいものだった。

京都と言うと、しのぎを削った名だたる高級料亭の名店が数多く存在するが、そうした関係もあるのかも知れない程に、美味しいラーメンとサブメニューであった。気が付けば完食。いやいやいや、ズバン !! と、良かった。

(左フォト) 柚子(柚子風味特製中華そば)/昼品限定ねぎ飯/店頭外観 (2008.05.08)


 京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO (あたご)

 住所:東京都港区新橋5-8-3代市ビル1階  定休日:日曜日

 営業時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00※土曜日は昼のみ

 アクセス:JR山手線新橋駅烏森口下車。烏森方面に出て駅前のニュー新橋ビル裏手の道を左へ
       ずっと進み、左手にガソリンスタンドがある交差点を右折してすぐ左側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP