らーめん食べ歩き 
 麺屋青山@千葉県富里市・日吉台

2006.01京成成田駅東口から徒歩圏内。
2006.01麺屋こうじから麺屋青山へ。

2006.01チャーシューつけ麺大盛(汁・こってり)

2006.01チャーシューつけ麺大盛(麺)

2006.01塩らーめん

2006.01麺屋青山風杏仁豆腐


アクセス 京成電鉄本線京成成田駅下車。地下道で東口に出て、日吉台方面に伸びる道路沿い。徒歩およそ10分、富里市日吉台2-19-11。
定休日 無休
営業時間 11:00〜14:30/17:30〜22:00


昨日、正月休みが多い中、今日はどうするかと、千葉大御所掲示板の年末年始情報を見てこちらへ行く事にした。場所は富里市と言っても、成田駅から近い事もあってか、なんと元旦から営業しており、しかも元旦のみチャーシューにイベリコ豚を使用するらしい。これは行かねば、だった。

なお今月10日から13日はお休みらしい。以前は柏にあったお店で、最近店名を「こうじ」から「青山」に変更して気になっていただけに、である。思わず紳士服チェーン店を連想する店名。

嫁さんと一緒に初詣で賑わう成田へ京成電車で向かう。京成成田駅に到着すると、さすが構内は大混雑。改札を出て正面にある東口方面地下通路を進み、反対側に出るとこれが閑散としていて、まるでどこかの新興住宅地に出来た新しい駅のロータリーの様。距離がつかめず嫁さんもいたので、タクシーで駅から向かうと意外な程に近かった。

店頭に立つと、時間が良かったのか列も無く、午後一時頃入店。入ってすぐ左に券売機があり、嫁さんは塩らーめんを選び、自分はチャーシューつけ麺大盛を選び、青山風とある杏仁豆腐の券も購入。席に落ち着くと、つけ麺は白濁豚骨の「こってり」と、鶏ガラ中心らしい「あっさり」と選べ、「こってり」の方にする。

程なく塩らーめんが到着。少し貰って食したが、これがあっさりしていながら味わい深いスープに、低加水気味の麺がなかなか。香味油をそうさせているのか、ホタテと魚ダシのスープが左右で分かれているらしい。

そしてつけ麺も到着。おお、麺の上には、なるほど旨そうに焼き上がった大きめのチャーシューが三枚。こってり気味のつけ汁は以前の様な甘味が抑えられ、それでいて以前の変わらない旨みが、怒涛の如く押し寄せて来る。

麺もなかなかの太麺。以前の甘味シフトも研ぎ澄まされた主張が、はっきりと存在して良かったが、今回のシフトもなかなかと言えた。やつぱりイベリコ豚チャーシューが大絶賛に良かった。気が付けば完食。

タイミング良く、杏仁豆腐が到着。オレンジ色のマンゴーソースがたっぷりと入り、表面に赤いハートがあしらわれ、これまたお洒落なビジュアル。もちろん美味しかった。いや、全てにおいて良かった。

(2006.01.01)


喜劇らーめん食べ歩きTOP