中華そば 青葉 千葉・船橋 ※移転





高い湿度が夏の気温をやや押し下げたのか、気持ち涼しい8月前半の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、やはり1日そんな面持ちで夜風も涼しかったそんな午後8時近くだった。

そう言えばこちらもまた仕事帰りに立ち寄れるとして訪れることにした。そんなわけで、久しぶりに船橋で途中下車して、船橋ラーメン横丁内にあるこちらの店頭へやって来た。

券売機で涼しい今宵だったが、ご無沙汰なこともあってか何となくつけめん気分となって特製つけめん大盛を選択。

店内の壁にあったゆず唐辛子の案内に、思わずチケットを手渡す際にそれをお願いした。相変わらず盛況なフロアのこちら。程なく到着。

それではと行かせて貰えば変わらぬ美味さのつけめんだったが、やや涼しくなった気温の影響なのか定かでないが、何処かいつもとは違う風情を感じた味わい。

やや酸味を感じるつけ汁は、涼しい夜だが夏にぴったりの酸味と言えた。

味玉子などの具材類も良かった。天候によって欲する塩気や旨味の度合いが変化すると言われるがそんなところなのか。

途中でゆず唐辛子を麺に絡めて楽しみつつ、ともあれ麺の方は寸分違わぬ持ち味で、気がつけば完食だった。いや、なかなか良かった。

時に話しは変わるが先日汐博2012イベント会場内の値段のないラーメン屋を訪れたが、実は即席めんのプロモーションイベント店舗だったことが本日発表された。

その名も「日清ラ王袋麺」だそうで、なんとなくそんな臭いを感じたお店だったがやはりそうだった。

希望小売価格5食パック税込525円で、8月27日から関東甲信越・静岡地区で先行発売する予定だそうだ。

値段のないラーメン屋を訪れた先駆け体験者は合計2,074 人で、その平均納得価格は545 円。ちなみに私が書いた金額は550円だった。今思い出しても袋麺にしてはなかなかの麺と言えた。


(左フォト) 特製つけめん大盛・ゆず唐辛子付(汁・麺) (2012.08.08)


 中華そば 青葉 (あおば) 船橋店   ※公式サイトはこちら。 ※データ情報更新(2012.08.09)

 住所:船橋市本町7-1-1シャポー船橋1F 船橋ラーメン横丁内  TEL047-423-8151

 定休日:不定休 ※シャポー船橋に準ずる  営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR総武線船橋駅下車。シャポー側改札口を出て、奥に進んで行った場所にある
       船橋ラーメン横丁の一番奥の右側にあり。






ここ数日は、また爽やかな陽射し降り注ぐ日が続いている、1月後半週明けの月曜日であった。本日の午前中は船橋市内に所用があり、それも午前中には終わってJRの駅まで戻って来た。

昼食は特に何処とは決めてなかったものの、元旦に来てお休みだった事を確認した事があった、そんな船橋ラーメン横丁へ何の気なしに足を入れて見た。

横丁に入ってから今度は何処へ入るか随分悩んだが、こちらも御無沙汰だった事が先に立って、今回入店する事にした本日であった。

券売機の前に立つとかなりシンプルなメニューに、いつもそれほど悩まずに済むこちらだが、店内は今日も盛況で、そこら辺が何ともやはりおそるべしと言えた。

中華そばか、つけめんか?…中華そば。 特製か否か?…今日は特製。

ライスも必要か?いる。 ほら決まったと思いつつも、そんなボタンにタッチして行き、出て来たチケットを手にして入店する私であった。

空いていた一席に腰掛け、お店の方にチケットを手渡すと、ライスのチケットに目を止めた後で、ご飯の大盛りが無料サービスになる旨の案内に、思わず二つ返事でそれをお願いした。

少し前に高円寺のラーメン横丁へプレオープン時に訪問したが、そちらは御徒町のラーメン横丁と同じ経営で、その際に船橋のこちらはまた違う企業と言う事を、その際に知ったものだった。

店内や入り口などには、以前と同じようにゆず胡椒(柚子唐辛子)を用意している案内があったが、特につけめんにお奨めと言う文字に、中華そばだったので今回は要望しない事にした。

支店が順調に増加しているこちらだが、蒲田など閉店した店舗もあるものの、西荻窪の新味専門店など気になる所で、現在営業している合計店舗は17店舗の模様だった。

しかも今年の4月には、更に学芸大学にも開店予定があるらしい。程なく到着。

そのちょっと前に大盛りでお願いしたライスが来たが、これが笑えるくらいの盛り具合でおそるべしだった。そして中華そばに目を移せば、おお、今日もまた美味そうだ。

それではと行かせて貰えば、それはもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い。ややスープの魚介感の風情に変化を感じたが、これもまたいい雰囲気で美味しかった。

チャーシューが相変わらずトロトロで、味玉子の風情にもいい感じがあった。そんなわけで、もう今日もまた、気が付けば完食。やや、進化した感があった、青葉の美味し中華そばであった。


(左フォト) 特製中華そば/ライス(大盛サービス有) (2010.01.18)



  2010.01.18 つけめんに入れると、風情がいい柚子唐辛子。   2010.01.18 船橋ラーメン横丁の一番奥の右側にあり。




昼が東池袋なら、夜は青葉で行こう。こんな事が出来るとは、ある意味感慨深いものがある。そんな訳で会社帰りに店頭へ立つ。おお、券売機に7人が並んでいる。大盛況な青葉船橋で、おそるべし千葉ウォーカー、と言えた。それでもタイミングが良かったのか、そう待たずに着席出来て、程なく特製つけ麺が到着。

またお願いした自家製ユズ唐辛子も到着。おお、不思議な程に、旨い旨い旨い旨い。酸味で旨みが消える事なく、やはりしっかりした味わい。麺も、まずまず。後半ユズ唐辛子で楽しめたし、スープ割りも、さすが青葉。気が付けば完食。いや、あおババンと良かった。 こ、これが書きたかった。

(左フォト) 特製つけ麺(汁・麺) (2006.11.16)
  
会社帰りの訪問先は、はっきり言って、インスピレーション。あらかじめ盆休みかなんて判りゃしない。そんな訳で、某店のシャッターの前で呆然とした後、こちらの店頭に立つ。食材は間違い無く、良いものを使っているお店。券売機で、特製つけ麺に大盛券も買い足す。ふと見るとインフォがあり、宮崎産ゆず唐辛子を一日限定三十食サービスで提供しているそう。

腕時計に目をやると午後八時半近く。駄目元で券を渡す際にそれをお願いすると、「はい、大丈夫です」で、何だかあやかされた様。少し店頭で待ち、大きいテーブル席に案内を受け着席。程なく到着。麺だけ口にする。おおお、さすがイイですねえ、だった。汁にはチャーシューに味玉が入り、いや旨い旨い旨い。

ゆず唐辛子は別に来た小皿にちょこんとのっていて、後半それを入れて食したが、風味が変わってなかなか楽しめたものだった。気がつけば麺が消えた。スープ割りも美味しく頂き、いや良かった。

(2006.08.14)
  
今日は昼からの出社で、ゆっくりと起床。昨日の天気予報で、今日は雪とか社内の方が言っておられたが、どうなんだろうと思いつつ、シャッとカーテンを引く。ま、真っ白。おお、しっかりと降って、辺りは銀世界だった。で、会社に向かうと、これが寒い寒い。出社前にラーメンと言う事で、駅からそれなりに歩く事は、この雪もあり避けたくなり、思いついたお店がこちらだった。通勤ルートから少しだけ外れるが、駅構内の船橋駅下にあり、傘を使う事も無い。

そんな船橋ラーメン横丁にあり、何となくレトロな空間に久々入ると、小岩の有名店である匠屋が、同じ軒にその名を連ねていた。そちらの入店も考えたが、今日は豚骨醤油の気分だったので、そのまま予定通りこちらへ。

外の券売機で、特製中華そばを選び、暖簾を潜り入店。午前11時前でもやはり人気店とあって、そこそこ盛況な店内。カウンタ席の一席に腰を降ろす。魚介の香りが漂う店内。北千住店でも見た大釜が、やはりこちらにもある。程なく到着である。魚介がドバンと来て、やはり旨い豚骨醤油スープ。味玉もトロトロ。ナルトもシナチクも良い感じ。後味感も、なかなか。気が付けば完食。いや、良かった。

(2006.01.21)

ラーメン店の、営業開始時間と言うと、その多くは午前11時半と言える。ところが昨年出来たJR船橋駅構内の「船橋ラーメン横町」の三店は午前10時開始。

最近嫁サンの会社が遠くなった関係で、朝が早くなり嫁サンを見送った(う〜む、逆になった)後、しばらくしてお腹がすいて、こちらへ行く事を思いついた。

開店直前に着き、歩く人は駅に向かって、横町を素通りばかりの中、券売機に灯がともされ、中華そば650円にして暖簾を潜る。後続する方は、たまたまなのか皆無。ま、落ち着いて食せると言うもの。程なく到着。

う〜〜〜む、これが旨い旨い旨い。千葉で青葉の、しかもこんなに旨い青葉のラーメンとは、ジ〜〜〜ンと来る。魚介がズドドン、タレ薄めでダシのコクが、もうたまらない。

麺も絶妙の茹で加減でなかなか。チャーシューとシナチク、ナルトもまずまず。総括的に、久々感動出来た、旨いラーメンであった。いや、良かった。

(2005.04.20)