らぁめん 味斗 埼玉・深谷







くすんだ表層を見せる大空だが、晴れ間もある曇りの予報が出ていた、九月上旬水曜日の朝だった。それでも海上を通過した台風の所為もあるのか、空は不安定な面持ちが続き、若干の雨粒が落ちては止んでの一日であった。

そんな今日は、また社内の方と同行営業で、関越道をひた走り埼玉県深谷市と、やや遠出の営業となった日だった。高崎からも、そう遠くない場所だ。

あまり知らない地域だがネットでこちらを見つけ、同行する社内の方にお話ししてOKを貰い、昼食はこちらとなった次第であった。

3年前に閉店してしまった、札幌から移転して東京に札幌味噌らーめんを広めたお店とされる、池袋駅東口そばの老舗ラーメン店だった「はせ川」で修行された店主だそう。

店名は「味斗」と書いて「あじと」と読ませ、ローマ字で「Ajito」とも案内されており、未訪店だが思わずピザソバで有名なテレビで見た、品川区大井町にある「ajito」が思い起こされたものだった。

そんなわけでこちらへ向かい、迷いながらも午後一時過ぎにこちらへ到着した。

建物は和風で要塞の隠れ家のようなイメージがあり、まさしくアジトと言った風情で、敷地内の比較的広い駐車場に入り、営業車をそこへ駐車させて店内へ入って行った。

あまりにも見つからなかったものだから、途中でこちらに電話をしてその場所を快く教えて貰い、入店してまずその非礼をお詫びをしてから二人してテーブル席に腰掛けた。

ランチタイムを過ぎた時間もあり、先客が帰ったばかりの感じがする、閑散とした店内が広がっていた。

直ぐ近くには、西山製麺の木製の麺箱ならぬ、麺が入って製麺所から来た段ボール箱が山積みされており、その上に木製の麺箱が一つだけ裏返して置かれ、CDラジカセの置き台となっていた。

また壁には、白地に「本場札幌直送麺味噌らーめん」と書かれたノボリが貼られていて、そこは修行店と同じ味噌ラーメンをウリにするお店であった。

メニューを広げるとその関係もあり、そこでも人気だったらしいカレーラーメンもあったが、そこは西山製麺の箱が側で山積みされている事もあって「みそラーメン」を選び、深谷と言えばネギと言う事で「辛ネギ」トッピングもお願いした。

そして同行する方はスープが通常と違うらしい、壁に当店人気ナンバーワン数量限定とあった、「まろやかみそラーメン」と言うのを選んだ。

できるまでの若干の時間を利用して外に出て店舗外観を撮影し、席へ戻る際に改めてお礼の言葉を投げ、その際に東京から仕事で深谷に来て、ネットの評判を見て訪問した事情をお話しした。

後続客が続かなかったので、都内に同じ店名がある事を更に投げると、ご存じではなかったようで、話しのネタがネタだったのでそれ以上はフラずに席へ戻った。

またこちらでは同じ市内に以前あった、人気洋食店「すずらん」のメニューが復活していると言う事らしい。程なく到着。

おお、ビジュアル的にも見た目の良い、そんな夫々の味噌ラーメンがやって来た。それではと行かせて貰えばそれはもう、美味い美味い美味い美味い美味い。

鶏ガラ豚骨らしいその味噌スープは、白味噌よりも赤味噌の方がメインに感じる味噌ダレで、その割りにはサラッとしていて口にしやすく、札幌味噌のようにラードが表面に幕を張っている事もないタイプの味噌らーめんであった。

そのラーメンが東京に札幌の味噌味を広め、3年前に閉店した「はせ川@池袋」の息吹と聞くと、札幌で味噌ラーメンが「味の三平」で完成した初期の頃は、どんな感じだったのかと思いを巡らしてしまう。

こんな風にまだラードも浮かないラーメンであったかと思う所となるが、実際は当時の「味の三平」大宮店主が昭和29年頃に完成させた、味噌ラーメンには当時からラードが入っていた。豚汁に麺を入れたのが始まりと言うウワサが広まり、それを大宮店主が怒った逸話がある程だ。

おそらく札幌ほど寒くない、東京で味噌味のラーメンを提供するにあたって、東京風にアレンジしたのであろう。そんな思いに馳せる事ができる、こちらのラーメンを口にする事ができ、今日は大変に良かった次第であった。

なおちなみに、同行の方の限定味噌スープを参考に飲ませて貰ったが、通常の味噌味に較べてまろみがありつつ、何とも風味豊かな味わいであった。

気が付けば完食。すると程なくして、オーダーしてはいないはずの、二人分の冷たそうなアイスコーヒーをお店の方が持って来られた。

すると、東京から来て頂いたので、と言う事でのサービスだそう。思わずお礼の一言二言を告げて、有り難く頂かせて貰った。

夜には鈴虫の鳴き声が聴けるようになって来た時期の、そんな深谷市内の昼下がりであった。

(左フォト) 辛ネギみそラーメン/まろやかみそラーメン/入口/店舗外観 (2009.09.09)


 らぁめん 味斗 -Ajito-  ※公式サイトはこちら

 住所:埼玉県深谷市上野台2542-1      駐車場:15台駐車可能

 営業時間:11:00〜14:00/17:00〜22:00   定休日:火曜日

 アクセス:JR高崎線深谷駅下車。徒歩圏外、県道69号線沿いビッグトータル前交差点手前右側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP