麺家 味丸 千葉・松飛台 ※閉店







爽やかな快晴の青空が、また関東地方の大空に戻って来た、一月下旬の日曜日だった。

また実家だった場所に所用で出掛けた日で、それも済み、乗って来た自転車に跨がり、クルリと180度向きを変えて自宅に向かった。

周辺のお店を紹介している事もあり、しばらく前から、こちらのラーメン店が気になる所となっていて、その道すがら、寄って見る事にした。

しっかりとした公式ホームページもあるお店で、そこから個人経営色の強い事が判り、クーポン券のページがあったので、それを印刷して用意周到だったりしている。

店頭の外観はまるで都内に多い、ムジャキフーズ系や天下一系のそれで、一見して大手の指南による営業をしている風情があった。

店内に入ると、ランチタイムのいい時間もあり、盛況な店内が広がっていた。入り口に近いカウンター席に腰掛けながら、クーポン券のサービス内容が不明だったので、メニューを決める前にそれを確認して見た。

すると、最近それを持参する方があまりいないのか、ワンテンポ遅れた後に、それでは餃子を一皿サービスしますとの事で、印刷して持って来て良かったと、一人感動の坩堝と化したのだった(おいおい)。

ホームページには、何をサービスするかワザと未記載にしていて、その日の気分や状況によって決めている感じで、これはラッキーと言うしか無かった。

そして奥に券売機があるとの事で、餃子に気分を良くして正油ラーメン580円のボタンを押した後、追加ネギトッピング100円も連打し、餃子が来るなら半ライスと、150円のそのボタンも連打(抜け目ない)。

席に戻ると、味の濃さの希望の確認があり、何とも素晴らしいご対応に、つい「こってりで」と言ってしまったが、そういう希望は無かった様で、そこはお詫びして「普通で」と言い直した。

しばし待っている間、何気なく厨房の右手の人が居ない場所を見ると、出汁にこれから利用する豚ガラが置いてあり、いいダシがとれそうな形に裁断されてあった。程なく到着。

おお、よほど店主の機嫌が良かったのか(おいおい)、クーポンを持って来る方がさっぱりだったのか、これがサービスで来るとは、あり得ない量の餃子に、再び感無量。

それではと、ラーメンから行かせて貰えば、もう旨い旨い旨い旨い旨い旨い、いや旨い。

豚骨鶏ガラらしいスープに、こってりと言った所為か、ゴマにネギも映しているらしい、香味油が多めに入っており、なかなかのシフト感の良さがあった。麺は中細ちぢれの程よいコシが、いかにも北海道系ラーメン店のそれだった。

スープには、鰹節と国産ニンニクも入っている案内を、ホームページに成されているが、特に魚介の風味が前に来ているタイプでは無く隠し味になっており、ニンニクも国産ものを利用している分、肉の臭みをうまく消す程度で留めている。

ニンニクの香りが漂う系統のラーメンでは無いので、そうした系統のラーメンが苦手な方でも安心して食せる、あっさりしながら、味わいに深みがある美味しいラーメンと言えた。

ご店主が話しかけて来たので、これ幸いと確認したい事をこちらから、逆にお聞きして見た私だった。

札幌と冠があり、店名に「味」の文字があったので、深読みして味源系企業のノウハウ指南で営業しているのか丁重にお聞きすると、これが違っており、何とあのどさん子系企業のサポートとの事であった。

なるほどその企業であれば、FCシステムの中に「フリーブランドシステム」があり、永い店舗経営をして来た店主が望む店舗イメージや、独自の出汁によるラーメン、そしてメニューを思い通りに策定出来るし、優れた業務用商品で安定した経営も出来て、理にかなったものと言えた。

店主は若い頃フランス料理等の洋食コックをされていたそうで、頭に白くて長いあのシェフの帽子を被って、ホテル等で仕事をされていた方だそう。

しかし25年近く前に意を決して独立する事にしたそうで、今の場所から比較的近い場所で、検討に検討を重ねた結果、当時から人気の高かった国民食の、ラーメン店を開業させたらしい。

数年前に、「どさん子」の名前で名高い企業のサポートにより、一歩進んだラーメン経営により、この地に移転してリューアルスタートのテープを切ったそう。

そう言えばメニューは、チキンカツやフライドポテト等の洋食もありつつ、チャーハンや中華丼の中華系料理に、これまた大衆食の焼きそばも、そこはさり気なくある多彩なラインナップだった。

経験を多く積まれた方のラーメンほど、味以上の味があるものである。

そんな美味しさをお伝えすると、まだまだとの事だった。そんな事を公言する店主のラーメンだからこそ、出汁以上の出汁の味わい深さが出て来るものなのだろう。

餃子も、もちろん美味しく頂き、気が付けば完食だった。 いや、良かった。

(左フォト) ネギ正油ラーメン/餃子/メニューボード/店舗外観 (2009.01.25)


 札幌 麺家 味丸 ※公式ホームページはこちら

 住所:千葉県松戸市松飛台112-26  定休日:月曜日  営業時間:11:30〜翌2:00

 アクセス:新京成電鉄五香駅下車。新京成バス紙敷車庫又は松飛台駅行きに乗り、御立場停留所
       下車。少し戻った左側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP