らーめん食べ歩き 
 13湯麺BLACK@千葉県松戸市・北部市場※閉店

2007.03 五香が本店の味噌ラーメン専門店。
2007.03 日替り黒味噌ラーメン

2007.03 公設地方卸売市場北部市場入口。

2007.03 沢山の商店が、立ち並ぶ市場内。


アクセス

JR常磐緩行線北小金駅下車。新京成バス貝の花循環行き食品センター停留所で降りて、少し戻った左側。松戸市八ヶ崎2-8-1松戸市公設地方卸売市場北部市場内。
定休日 水曜・日曜・祭日
営業時間 11:30〜14:00
公式HP http://www.13tonmin.com/


最近、松戸市内の八ヶ崎にある、公設地方卸売市場北部市場内に、五香13湯麺の、味噌ラーメン専門店がオープンしたらしい。関連某店で、どなたが厨房に立っているのかお聞きすると、なんと松井御大自らが営業をしているらしい。その日帰宅して、公式サイトを久々に開いて見た。

「あ、間違えた」とページをクローズ。いや?合っているよな、と再度ページを開けば、あなた、・・・・ブ、ブラジル公認かとさえ見紛う、サンバのリズムが聴こえて来そうなホームページ。 お、おそるべし、松井御大。

こちらの新店情報がないものかと、スクロールバーを下ろせば、小さく紹介されていただけであった。 ラーメンは、丹波黒豆味噌を利用した、ほんのりとした甘さのある味噌ラーメンで、市場内と言う立地を生かして、具材を毎日変えているらしい。

そんな訳で、自宅周辺の桜の木も、花がほころび始めた、春爛漫な月曜日、出掛ける事にした。北小金駅から、バスを使い、ちょうど開店した頃に店頭へ立つ。 和の面持ちの小じんまりとした、公道に沿って建てられた長屋の中の一店舗。

店内に入ると、噂通りの松井御大と、もうお一人。思わず深々と御挨拶。 メニューから、と言ってもそれしかない、日替り黒味噌ラーメン550円をお願いする。しばし、世間話しの後、程なく到着。

おおお、薄緑色の春キャベツ、深緑色のホウレン草、そして真っ赤なトマト。具の野菜が、なんともカラフルに、あしらわれている。そしてスープは、やや茶色掛かった黒色で、まさしくブラック。

ひとたび食せば、これは旨い。甘みが自然で雄大さがあり、じんわりと、そしてほのぼのな味噌スープ。いや、これは旨い旨い旨い旨い旨い。

炒められた豚肉が、また美味しい味付け。 20代の頃によく味噌ラーメン店で食したが、こんなお洒落なものはまず無かった。麺は加水を落とした感じで、その分色が移ったのかと思えば、初めからこの色の麺だそう。

中太の、なかなかの麺。加水率は38パーセントだそうで、流石にこだわっておられた。バターが入っており、最後まで飽きさせない旨いラーメンで、気が付けば完食。

今月末と、来月の12〜14日は、イベント参加の為、こちらはお休みだそう。イトーヨーカドーのイベントでは、深谷ネギに似ていた矢切ネギと言う、地元産の長ねぎを利用した、「松戸矢切ネギラーメン」を限定150食にて販売するらしい。

市場内は、一般の方も行き来できるそうで、丁度用事があると言う事で、ご一緒頂き、中をご案内して頂くと、廉価で美味しそうな食材が、各店舗に所狭しと並べられていた。古きを知るからこそ、ここまで新しく旨い、味噌ラーメンになるのだと思う。 いや、良かった。

(2007.03.26)


喜劇らーめん食べ歩きTOP